成田空港「陸の孤島」化は運営会社による“人災”…なぜガラガラの羽田に向かわせなかった

Business Journal / 2019年10月19日 8時0分

 一般に、成田上空まで来て十分な燃料が残っていないとなると、ダイバート先は限られ羽田に集中することになる。羽田にダイバートする順番は基本的に先着順であるが、なかには燃料が少なくなっているとの通報で、管制官に優先着陸を要求する航空機も少なくない。進入のための順番待ちで上空待機しているときに、燃料切れを切り札のように使って優先着陸を要求する外国機に私自身何度も不快な思いをしてきた経験がある。公平性を確保する意味でも、特に外国の航空会社には十分な予備燃料の搭載を行うよう指導すべきであろう。

 そして、いつも羽田空港が代替空港として十分に使えるとは限らないために、横田の米軍基地もそれに加えるのはどうか。この場合、入管などは無理としても、一時的に避難して燃料を補給して条件が整ったら成田などに再び飛行できればいい。この問題には外務省もかかわってくるが、非常時対応ということで決して無理な要求ではないだろう。

 このほかにも、さまざまな各省庁間の調整が必要であろうが、それを行わないのであれば、今回のような空港の「陸の孤島」化を回避することはできないだろう。

(文=杉江弘/航空評論家、元日本航空機長)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング