天海祐希も現役時代に踊っていた!宝塚歌劇に息づくクイーンと『ボヘミアン・ラプソディ』

Business Journal / 2019年10月19日 17時0分

写真

 2018年11月に公開された映画『ボヘミアン・ラプソディ』が、10月19日にテレビ初放送されるという。

 この4月にはDVD/ブルーレイも発売されたのだが、2019年ゴールデンウィークのあとも地道に動員を伸ばし続け、今年5月に発表された最終的な興行収入は130億円超、歴代の実写洋画ランキングでは堂々の9位に位置しているという。

 これを受け、有料衛星放送のWOWOWながら、10月19日20時よりテレビ初放送、さらにWOWOWは19日土曜、20日日曜の2日間にわたってクイーン関連の映像作品を一挙放送する「クイーン大特集」を組むという熱の入れようだ。

 2月の第91回アカデミー賞では主演のラミ・マレックが主演男優賞を獲得、最多4冠に輝いたとあって、普段は宝塚歌劇ファン――要は熱心なヅカヲタとして活動している筆者も、遅まきながら3月に都内の映画館にてこの『ボヘミアン・ラプソディ』を鑑賞。これがドハマリしてしまい、5月のゴールデンウィークにかけて計6回も足を運んでしまった。

 そこで、『ボヘミアン・ラプソディ』のテレビ初放送を記念し、同作はなぜ魅力的なのかについて、いちヅカヲタの立場から考察してみたい。

宝塚の舞台に頻出するクイーン楽曲

 まず、『ボヘミアン・ラプソディ』の宣伝文句にもあった「ラスト21分の感動!」と、宝塚の舞台におけるフィナーレの共通点だ。ストーリーの集大成を示し、新たな感動をもたらすことで観客に最後に満足して帰ってもらうためのこうした構成は、宝塚でもおなじみの作りともいえよう。もちろんそれは、クイーンの楽曲のすばらしさがベースにあったればこそ。『ボヘミアン・ラプソディ』ではストーリーの要所要所にクイーンの名曲が挿入されており、それぞれの曲が、映画を観る者になんとも言えないカタルシスをもたらしてくれる。このカタルシスは、宝塚を観る際に感じるものと同種のものだ。

 と、そこで筆者は、ある衝撃の事実に気づいてしまった。それは、過去の宝塚歌劇の舞台において、クイーンの楽曲が何度も使用されているのだ――ということだ。

 まずは、1990年に月組公演で初演されたミュージカル・レビュー『ル・ポァゾン 愛の媚薬』というショー。これは、当時のトップスター・剣幸と、トップ娘役・こだま愛のサヨナラ公演であった。

 第4章「愛の復活」という場面では、クイーンの曲がなんと3曲も使われている。この場面は、“若者の青春”を称揚するような内容。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング