異色すぎる刑事ドラマ『ニッポンノワール』の誤算…裏に日テレの“バズらせる仕掛け”

Business Journal / 2019年11月3日 18時50分

写真

 今秋、同じ日本テレビが手がける“1話1年×10話”の『同期のサクラ』、“30分×2本立て”の『俺の話は長い』とともに、今冬に放送された「『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』の半年後」という異例の構成で話題を集めていた『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』。

 主演は1年前に『今日から俺は!!』で爆発的な人気を得た賀来賢人であり、同作以降、『日曜ドラマ』(日曜22時30分~)は『3年A組』『あなたの番です』とヒット作を連発してきただけに、日テレ社内外ともに期待値は高かった。

 しかし、世帯視聴率は1話7.8%、2話6.5%、3話6.4%と低空飛行の上に右肩下がり(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。ネット上にも批判の声が多く、徐々に話題の数さえ減り始めている。

 同作の序盤には、どんな問題があり、中盤以降はどんな内容が望まれているのか。

「9歳の子どもまで大暴れ」の過剰さ

 番組ホームページの「Introduction」には、「これが、刑事ドラマと呼べるのか――」「この物語、一度見たらその結末を見届けるまで、『とんでもないこと』が止まらない」と書かれ、賀来も「今まで日本で見たことのない、スケールのドラマ」とコメントしていたが、確かに既存の刑事ドラマとは程遠いものだった。

 その「見たことのない」「とんでもない」の意味は、残念ながら称賛ではなく批判で、なかでももっとも多いのは「うるさい!」という声。第1話から刑事たちが、わめき、叫び、殴り合い、暴れっ放し。過剰な狂気と暴力で画面を埋め尽くしている。

 それを象徴していたのが、第3話の「子どもが喫茶店の食器やグラスを破壊しまくる」というシーン。9歳の子どもにすらエキセントリックな演技をさせるのだから、明らかに「視聴者が楽しく見られる」という一線を越えてしまっていた。

 賀来賢人も、井浦新も、工藤阿須加も、かつてないほど感情を爆発させるような演技を見せているが、視聴者たちはそれを熱演と思っていない。不満どころか、「嫌悪感がスゴイ」「胸やけがする」とまで書かれてしまうのが気の毒だ。

 もうひとつ「うるさい」と言われているのが、繰り返されるBGM。ビバルディの「四季 冬・第1楽章」という、一度は聴いたことのあるバイオリンの音色が美しい曲なのだが、当作の不穏な世界観のもとでは「ただ扇情的なだけ」の印象を与えてしまっている。

 そもそも、日曜の22時以降は明日からの仕事や学校がチラつき「穏やかに見られる」「明るく笑い飛ばせる」番組が好まれる時間帯。ノイジーやバイオレンスを前面に押し出したドラマで、しかも黒幕や謎解きを考えさせるミステリーであることを踏まえても、さすがにミスマッチだったのではないか。

「『山猫』『3年A組』を超える」という意志

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング