ZOZO、“増収増益”に隠れる憂慮すべき事態…セール依存で副作用、前澤氏の負の遺産

Business Journal / 2019年11月9日 8時0分

写真

 衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZOの成長鈍化が鮮明だ。10月31日発表の2019年4~9月期の連結売上高は、前年同期比6.5%増の572億円と1桁の増収率にとどまった。18年4~9月期の増収率が25.9%だったので、伸びが大きく鈍化したことがわかる。以前は2桁の増収率が当たり前で、16年4~9月期には40%超を叩き出していた。しかし、今はそうした面影はない。ZOZOは明らかに失速している。

 商品取扱高は11.8%増の1579億円、営業利益は31.8%増の132億円、純利益は25.9%増の79億円だった。このように、利益は大きく伸びた。ただ、それは18年4~9月期が極端に悪かったため、その反動で伸びたにすぎない。18年4~9月期は、同年1月から販売を始めたプライベートブランド(PB)商品「ゾゾ」の販売が伸び悩んだ一方で、PBにかかる費用がかさんだためだ。

 こうした事情があるため、19年4~9月期が大幅増益だったことを手放しで歓迎することはできない。PB発売前の17年4~9月期と比べると営業利益は5億円少なく、純利益は16億円少ない水準だ。また、営業利益が商品取扱高に占める割合は8%。PBの失敗が直撃した18年4~9月期を除けば、それまで4~9月期ベースでは10%超えが続いていたので、収益性が大きく悪化していることがわかる。

 こうしたつまずきは、PBの失敗から始まった。ZOZOは当初、PBの注文で使う採寸用ボディースーツ「ゾゾスーツ」を無料で大量配布し、大きな話題を集めた。そうした状況からか、19年3月期にPB事業で200億円の売上高を実現するという大きな目標を掲げていた。しかし、蓋を開けてみれば売り上げは伸び悩み、19年3月期は27億円にとどまっている。配送に遅延が生じるなどトラブルに見舞われたほか、「着るのが面倒」といった理由でゾゾスーツを取り寄せるだけ取り寄せて実際には利用しない人が続出したためだ。

 PB事業の失敗が響き、19年3月期の連結純利益は前期比21%減と大きく減った。減益は07年の上場以来初となる。

ZOZOに立ちはだかる懸念材料

 こうしたゴタゴタが続くなか、今年9月に大きな動きを見せた。ポータルサイト大手のヤフー(現Zホールディングス)がZOZOを株式公開買い付け(TOB)で子会社化すると発表。これを機に、ZOZO創業者で同社株式の36.8%を保有する筆頭株主だった前澤友作氏が社長を退いた。前澤氏はTOBに応じて、大半の株式を売却する見込みだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング