ワタミ、過労自殺社員の遺族へ頑なに謝罪拒否した渡邉氏が会長復帰…「過去振り返らない」

Business Journal / 2019年11月15日 6時0分

写真

 外食大手ワタミは10月7日、都内で事業戦略発表会を開いた。10月1日付で会長兼グループ最高経営責任者(CEO)に復帰した創業者の渡邉美樹氏は「10年後の2029年3月期の連結売上高を19年3月期の2倍となる2000億円に規模に引き上げる。営業利益100億円を目指す」と語った。19年3月期の売上高は947億円、営業利益は10億円だった。

 渡邉は参院選比例区に自民党から立候補するため13年に経営から退いていた。6年を経てトップに復帰したことになる。「これからの日本は厳しくなる。国会議員としてできなかったことに基づき事業をやっていきたい。向こう10年、20年のビジョンは創業者じゃないと発想できない」とする立場から、10年後の目標を明らかにした。

 本業では直営店が中心だったチェーン店の展開をフランチャイズ主体に転換。「から揚げの天才」「しろくまストア」といったブランドで小規模な店づくりを進める。高齢化の進行で市場拡大が期待される宅配事業にも力を入れる。ベトナムのほか、中国や米国の海外市場を開拓する。

 新しい事業として、有機農業や酪農を手がけるテーマパーク「ワタミオーガニックランド」を、東日本大震災の被災地である岩手県陸前高田市につくる。レストランやショップなどを併設して、雇用の創出にも貢献したいという。テーマパークは21年3月に開業する予定だ。

 かつて「ブラック企業経営者」として批判を浴びた渡邉氏は、戦略発表会の冒頭にこう述べた。

「私および当社が数年前にブラック企業批判を受けたこと、その後、経営危機と言われるまで経営状況が悪化したことについて大いに反省している。過去の指摘をすべて受け入れたい。過去を変えることはできないが、自らの未来を変えるべく新しいワタミを始めたい」

 会見で配った資料で「ホワイト企業」に生まれ変わった、とアピールした。一般財団法人・日本次世代企業普及機構(JWS)が、ビジネスモデル、ダイバーシティ&インクルージョン、ワーク・ライフバランス、柔軟な働き方、人材育成、法令遵守の6項目で「ホワイト度」を診断し、ワタミは87点と認定基準の60点を上回ったとしている。

 ワタミは社員の待遇を改善し、離職者は減っている。ワタミ社員の年間離職率は業界平均を下回る8.5%になっているという。

日本は潰れるとして『警鐘』を刊行

 この日の会見で経営復帰の理由を聞かれた渡邉氏は、「国会議員として何もできなかった。0点だ」と述べた。「ワタミを成長させることで、たくさんの人を幸せにできると考え、実現しないといけないという勝手な使命感だ」とした。10月7日、著書『警鐘』(アチーブメント出版)が出版された。「国会議員を経て、“日本は潰れる”という警鐘を世の中に伝えたかった」と、宣伝文にはある。「中小企業の経営者に読んでいただきたい(必読書)」とも。本書でアベノミクスは失敗したと断言している。「国会の中にいて、議員の人たちから感じた“危機感のなさ”を伝えなければいけない、という使命感と自らのけじめのためにこの本を書いた」と語った。

女性従業員が過労自殺

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング