企業側も「完全無料」!求人情報サイト登場の衝撃 人材業界の常識破壊

Business Journal / 2015年6月19日 6時0分

 今後は、プロダクト開発の観点から常に改善を図り、「スタンバイ」をより良い採用サービスに育てていくという。そして、地道に企業の採用活動を支援することで、成功事例を積み重ねていき、より多くの企業や求職者に利用されるサービスを目指す姿勢だ。

●IT活用で採用市場の可視化狙う

 ところで、気になるのは、求人メディアや人材紹介など、有料の人材ビジネスを行っている企業からの反発だが、南社長は「ない」と断言する。むしろ、多数の応援の声が寄せられているそうだ。

「人材業界のビジネスモデルは、10年以上変わっていません。ITを活用してイノベーションを起こすことで、採用市場を可視化する。そして、採用ビジネスがより本質的なものになることで、業界全体が活性化することをみなさんが期待しているのでしょう。応援に応えられるように、より良いサービスづくりに真摯に取り組んでいきます」(南社長)

 また「スタンバイ」は、全国約2700のレジャー業者と契約し、遊び・体験の予約サイト「asoview!」を運営するアソビューと業務提携を行い、レジャー業界の人材不足の解決にも取り組んでいる。今後は、ほかの業界の事業者とも積極的に提携を考えているという。

「同じ志を持った、あらゆる業界のプラットフォーマーとご一緒させていただきたいです。業界の活性化に『スタンバイ』を活用していただきたいので、ぜひお声がけください」と、南社長は広く呼びかけている。
(文=肥沼和之/ジャーナリスト)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング