新型コロナでマンション価格下落が確実に…テレワーク普及でオフィス賃料も下落

Business Journal / 2020年3月12日 5時50分

写真

 3月9日、内閣府は2019年10-12月の国内総生産(GDP)が年率換算でマイナス7.1%になったと発表し、2月に出した速報値(マイナス6.3%)を修正した。

 念のためにだが、これは新型コロナウイルスの問題がまだほとんど影響しなかった時期の数値である。2020年1-3月期の速報値は5月の中旬、改定値は6月の初旬に出てくるはずである。現状の混乱ぶりを考えれば、マイナスの二桁は免れないと予測できる。四半期のひとつでマイナス二桁成長になると、1年を通してプラスになることはかなり困難である。

 また、現状を見ていると4-6月期に急回復するとは考えにくい。むしろ1-3月期よりも悪化する可能性のほうが高そうだ。

 つまり、日本を含めた世界はリーマンショック以来の世界同時不況に突入している可能性が高いのだ。

 世界経済の動向を語るのは、専門家諸氏にお任せしたい。ここでは日本の不動産市場、わけても首都圏を中心としたマンション市場の今後を考えてみたい。

バブル的に値上がり

 リーマンショックや東日本大震災の記憶がまだ深く記憶に刻まれていた2013年、日本でもようやく本格的な金融面での不況対策が講じられた。黒田東彦日本銀行総裁による異次元金融緩和である。

 金利を実質ゼロに下げるとともに、市場に大量のマネーを供給するという、日本の金融政策史上まさに「異次元」な政策である。その目標は「消費者物価2%の上昇」。しかし、その目標は一度も達成されずに7年が経過した。異次元金融緩和は今も継続中。

 この影響ももっとも強く受けたのが、都心の不動産市場である。特に都心や城南、湾岸エリアのマンション価格はバブル的に値上がりした。

 例えば、港区のマンション価格は2012年以前であれば坪単価300万円台が普通であったが、今では600万円台でも高いと感じない。物件によっては1000万円を超えている。つまり2倍から3倍に跳ね上がった。世田谷区は坪単価200万円台であったのが、今では400万円台が普通。500万円超で売り出される新築マンションもある。しかし、販売状況は芳しくない。最近では足立区の北千住あたりでも、坪単価400万円前後の新築マンションが出てきている。

 実は、「住むため」に買う実需層が購入可能な上限が坪単価400万円なのだ。世田谷区では2016年頃にそこまで上昇した。しかし、それ以上だと売れないので実勢価格はそのあたりで止まっている。新築マンションを坪単価500万円以上で売り出しても、デベロッパーの思惑通りには売れないので、最後は400万円台に値引きをして完売に持ち込んでいるのだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング