清原果耶、松岡茉優、綾野剛…朝ドラの脇役でブレイクした女優&イケメン俳優8人

Business Journal / 2020年6月5日 18時0分

写真

 かつて、NHKの連続テレビ小説(以下、朝ドラ)は「若手女優の登竜門」と言われていた。しかし、ここ数年は、すでに実力と知名度を兼ね備えている女優(俳優)が主人公に起用されていて、2018年度後期作品『まんぷく』から6作連続で、オーディションではなくキャスティングにより決定している。

 それに伴い、2013年度前期作品『あまちゃん』で能年玲奈が大ブレイクしたようなスター発掘要素はなくなりつつあるように思える。その代わり、脇役が注目される機会が増え、そこで視聴者に鮮烈な印象を残した女優(俳優)がブレイクするという流れが生まれている。2021年度前期作品『おかえりモネ』のヒロインを務める清原果耶も、2019年度前期作品『なつぞら』でヒロインの妹役を演じて注目を集めていた。

 現在、好評放送中の『エール』でも、SNSで話題に上るのは脇役たちであることが多い。早稲田大学応援部団長の田中隆(三浦貴大)、新聞社の社長令嬢である堂林仁美(春花)など、まだ世間一般に浸透していないニューフェイスの話題で盛り上がっている印象がある。

 そこで今回は、朝ドラに脇役で出演した後にブレイクした女優・俳優たちを紹介したい。

十代田八郎役/松下洸平(スカーレット)

 まずは、前作の『スカーレット』でヒロインの夫・十代田八郎を務めた松下洸平だ。八郎の誠実でまっすぐな好青年っぷりに魅了される女性が続出して、ツイッターでは「#八郎沼」というハッシュタグが生まれた。『スカーレット』放送後は、一時中断していたシンガーソングライターの活動も再開。今後のバラエティ豊かな活躍が期待されている。

五代友厚役/ディーン・フジオカ(あさが来た)

 2015年度後期作品『あさが来た』でディーン・フジオカが演じた五代友厚も、多くの女性を虜にした名脇役だ。端正なルックスとバツグンのスタイル、紳士的な人柄で「五代様」と呼ばれ、ドラマ内で五代が亡くなると「五代ロス」が続出した。

安東もも役/土屋太鳳(花子とアン)

 2014年度前期作品『花子とアン』で、ヒロインの妹の安東もも役を務めた土屋太鳳。北海道へ嫁いだ後にすぐに夫が亡くなり、冷遇された末に東京に逃げてくるという不遇な役柄を演じて一躍有名に。また、『花子とアン』放送中に2015年度前期作品『まれ』のヒロインに選ばれたことも大きな話題となった。

若き日の天野春子役/有村架純(あまちゃん)

 近年で類まれな大人気作となった『あまちゃん』では、まだヒロインのオーディションが行われていた。そのため、ヒロインの天野アキ役をつかんだ能年玲奈はシンデレラガールとなり、日本中の注目の的となった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング