新婚さや香も出場!若手芸人の登竜門「ABCお笑いグランプリ」第41回を制すコンビは?

Business Journal / 2020年7月12日 9時30分

写真

 現在、若手芸人がスター芸人になる登竜門としては、「M-1グランプリ」や「キングオブコント」といった全国放送される賞レースが認識されている。しかし、関西には、これらが始まるもっと前から、若手芸人の登竜門と言える賞レースがいくつも存在している。そして、全国的に知名度の高い関西コンビは、関西の何かしらの賞レースで好成績を収めた後に全国区へと羽ばたいていることをご存じだろうか?

 たとえば、和牛、かまいたち、ミキ、霜降り明星、ゆりやんレトリィバァ。少しさかのぼると、銀シャリ、とろサーモン、ジャルジャル、NON STYLE、千鳥など。そうそうたるメンバーが、大阪時代に在阪テレビ局主催の賞レースで優勝に輝いている。

 毎年、どのコンビがどの賞レースの覇者となるのか。業界の注目度も高いのだが、今年はコロナの影響で軒並み延期となり、4月に行われた「上方漫才大賞」では、若手を対象とした「新人賞」が中止となった。そんななか、7月12日に、やっと2020年一発目の若手のための賞レースが開催される。

ネットで生中継される「ABCお笑いグランプリ」

 今年初となる若手を対象とした在阪テレビ局主催の賞レースは、朝日放送主催の「ABCお笑いグランプリ」。第1回目の1980年に放送された「ABC漫才・落語新人コンクール」を起点とする、歴史の古い賞レースだ。2012年から現在のスタイルになり、全国で活躍する若手ピン芸人・お笑いコンビ・お笑いグループが参加可能となっている。

 過去には、かまいたち、ジャルジャル、天竺鼠、GAG少年楽団、セルライトスパ、霜降り明星などの実力派が優勝している。第41回となる今年は、厳しい予選を勝ち抜いた以下の12組が熱い戦いを繰り広げる。

 オズワルド、カベポスター、からし蓮根、コウテイ、さや香、世間知らズ、そいつどいつ、滝音、チェリー大作戦、ビスケットブラザーズ、フタリシズカ、ベルサイユ。

 ノミネートしているコンビのなかには、昨年の「M-1グランプリ」本戦に出場したオズワルドやからし蓮根、『そろそろにちようチャップリン』(テレビ東京系)などのバラエティ番組にも出演しつつある、そいつどいつ、コウテイ、カベポスターなども入っている。

 ちなみに、今回の「ABCお笑いグランプリ」はインターネットテレビ「ABEMA」でライブ配信されるため、関西に限らず全国で見ることができる。さらに、7月4日からは過去2大会の再放送や今大会の事前番組が配信されている。関西以外に住むお笑いファンにとっては、なんともありがたい話だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング