1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT

鉄道も停止…数万円、3秒で国を滅ぼすサイバー攻撃は可能?

Business Journal / 2012年12月9日 6時55分

写真

 こんにちは、江端智一です。

 今回は、「サイバー戦争と憲法第9条」をテーマに書かせていただこうと思います。

 最近、以下のような文面のメールをもらうことが多いです。

「以下が、私のページのURLになります。でも、(サイバー)攻撃しないで下さいね」

 私は、「一体何を恐れられているのだろうか?」と思い、メールの送信者に尋ねてみたところ、こんな返事が戻ってきました。

「江端さんは、

(1)サイバー攻撃をできる技術を持っている
(2)そして、実際にかつて迷惑メールのサーバに対して攻撃を仕掛けたことがある。
(3)やりたいと思えば、水素をも爆発させる行動力、というか遊び心(?)を持っている。

この3つが揃えば、そりゃ恐ろしいですよ」

と、言うのです。

 大変不本意ではあるのですが、上記のすべては、実は身に覚えがあります……。「サイバー攻撃」かと問われれば、確かに今なら「サイバー攻撃」と呼べるものだったかもしれません。

 私は、自宅のパソコンから、何度警告しても迷惑メールの配送を止めてくれない海外のメール発信元サーバに対して、メールを止めてくれるように「お願いメール」を送っただけなのですが。

 ただ、ちょっと普通のメールと違っていまして、簡単なメール送信プログラムをつくって、

 (1)自宅のパソコンからでなく、海外のサーバを踏み台として、
 (2)架空の宛先人とIPアドレスを使って
 (3)1秒間に数百通の間隔でメールを送りつけた

という、可愛らしい悪戯をしただけのことです(時効成立済み)。

 なお、その後、私の真摯なお願いが通じたのか、そのサーバから迷惑メールは一切来なくなりました(というか、サーバが消えてしまいました)。

●ステルスプログラム

 また、こんなこともありました。

 10年ほど前、米国のIT会社に出向になっていた時のことです。その会社の業務サーバに、私のパソコンが攻撃を仕掛けているという疑いがかけられました。そして、私のパソコンがネットワークから強制的に排除されるという事態にまで発展しました。

 その後、私は自分のパソコンの徹底的調査を行ったのですが、コンピュータウイルスに汚染されたという証拠がまったく見当たらず、パソコンからの攻撃の形跡も見当たりませんでした。

「冤罪」という言葉を胸に秘めながら、私はネットワークのモニタリングを繰り返し実施して、ようやく原因をつきとめるに至りました。

 それは、私が自分で作成した「ステルス(stealth)プログラム」でした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング