ついに高画質フルセグ搭載スマホ登場 普及のカギ/課題は大量録画と受信感度

Business Journal / 2013年5月22日 7時0分

写真

 5月7日に開催されたソフトバンクのスマートフォンの2013年夏モデル発表会で、ついにフルセグTVチューナー搭載の機種が登場してきた。シャープの「AQUOS PHONE Xx 206SH」と富士通の「ARROWS A 202F」だ。従来スマートフォン(スマホ)に搭載されているテレビ機能は、ワンセグと呼ばれるやや解像度の粗い映像(320×240ドット)にしか対応しないものだったが、これが高解像度なハイビジョン地上波デジタル放送(フルセグ放送)に対応するようになる。

 今回の地上デジタル放送対応の実現には、最近のスマホ・ディスプレイの高解像度化が一役買っている。少し前のスマホでは、1280×720ドット程度のHD解像度のディスプレイが多かったが、この程度の解像度では高解像度なデジタル放送の美しさを表現できない。

 フルセグチューナー搭載スマホをリリースしたシャープはテレビメーカーでもあり、機種名「AQUOS PHONE Xx 206SH」には、同社のテレビブランド「AQUOS」が入っている。それだけディスプレイの表示クオリティにも気を使っているというわけだ。

 そして、フルセグ解像度を維持したまま録画もできるのが、この「AQUOS PHONE」の利点。一方、富士通の端末「ARROWS」はリアルタイム放送はフルセグで視聴できるが、録画はワンセグでしかできないというちょっと残念なものになっている。ちなみに「AQUOS PHONE」は動画を本体メモリと外部メモリ(microSD)に保存できるため、microSDを取り替えることで、ユーザーは大量の録画をすることができる。

 また、録画予約に関しては「Gガイド」の番組表で普通のビデオレコーダーのように行えるのもいい。

●フルセグ搭載スマホの弱点とは?

 しかし、フルセグ搭載もいいことばかりでもない。

 問題の1つはアンテナ感度だ。ワンセグは解像度が低いかわりに、電波をキャッチしやすく、室内でもそこそこ視聴できる。これに対してフルセグは、より電波状態が良くないと正常に受信できない。「AQUOS PHONE」の搭載するようなアンテナでは戸外ではほぼ受信できるものの、室内での視聴はかなり厳しいのだ。大型のテレビ用アンテナでも、いい角度でかつ窓際などでないと受信しづらいため、室内アンテナで地デジを視聴している人なら実感できる話だろう。主に戸外でしか使えないと考えておく必要があるわけだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング