AKB総選挙に賛否両論「思わず泣いてしまった」「理解できない。あざとさ露呈」

Business Journal / 2013年6月9日 2時0分

写真

 6月8日17時30分から、アイドルグループ・AKB48の32枚目シングル曲の選抜メンバーとカップリングメンバー、合計4グループ総勢64名を選ぶ「AKB48 32ndシングル選抜総選挙」の開票イベントが開催され、会場となった日産スタジアム(横浜)には、7万人のファンと、国内外から700以上のメディアが集まった。

 今回の開票イベントでは、昨年総選挙1位で現在センターを務める大島優子が2位となり、1位の指原莉乃(昨年4位)に破れるほか、昨年と同じ5位にランクインした篠田麻里子が、突如AKB48からの卒業を発表するなど、多くのサプライズが起こった。

 本イベントの模様は、同日18時30分~放送のテレビ番組『AKB48 第5回選抜総選挙 生放送SP』(フジテレビ系)にて生中継されたが、今回初めて開票イベントを見たという、熱烈なファンではない一般の人たちは、どのような感想を持ったのだろうか? 

 まず、今回初めて総選挙開票イベントのテレビ中継を見たという40代男性は、「会社の若い社員たちがよく話題にしているのは聞いていた。子供が見たがったので一緒に見た。最初は何気なく見ていたが、宮澤(佐江)さんが『上海1本でがんばる』と涙ながらに宣言したあたりから引き込まれた。みんなの必死さが伝わってききて面白かった」と、思いのほか興味を惹かれた様子を語った(※現在、AKB48とその姉妹グループ・SNH48<中国・上海>を兼務する宮澤は今回10位となったが、AKB48を抜け、SNH48に専念すると発表)。

 ほかにも、友人たちとテレビで開票イベントを見たという30代男性は、「まったく興味がなかったが、篠田さんが突然卒業を発表したあたりから夢中になった。特に『後輩の姿を見て決断した』と篠田さんがスピーチした直後に、会場中から“麻里子コール”が起こり、篠田さんが涙を流すのを見て、よくわからないが自分も泣いてしまった。さっそく友人にコンサートのDVDを借りた」と、“ファン予備軍”になったことを明かした。

 一方、家族と一緒に生中継を見たという20代女性は、「大島(優子)ファンの夫が夢中で見ていたが、なぜメンバーの方々が泣きながらスピーチして、会場のファンの人たちが一喜一憂しているのか、正直まったく理解できなかった。女性のファンも多数会場にいたと聞いたが、その心理がわからない」と冷めたコメントを寄せた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング