セブン、独り勝ちの秘密と懸念材料とは?カギはPB、銀行、カフェ…

Business Journal / 2013年7月24日 14時0分

写真

※各業界の最新ニュースをお届けする新ニュースサイト「Business Topic」がオープンしましたので、ぜひご利用ください。

 「週刊東洋経済」(東洋経済新報社/7月13日号)の特集は「セブンの磁力」だ。

 「3兆5084億円──セブン-イレブン・ジャパン(セブン)のチェーン全店売上高(2012年度)は、小売業の中で群を抜く。イトーヨーカ堂やそごう・西武などを含めたセブン&アイグループ全体では、8兆5000億円(同)を超える。国内で約1万5000店という圧倒的な店舗網を誇るセブン」

 日常生活に必要な商品を増やし、他業界の領域を次々と侵食している。その、消費者もメーカーも引き寄せる力に迫った特集だ。キーワードは「PB(プライベートブランド、自主企画商品)」「セブン銀行」「セブンカフェ」だ。

 コンビニエンス・ストア(コンビニ)大手5社の13年度第1四半期(13年3-5月期)決算(単独)では、セブンだけが、既存店売上高が前期比増となった(0.9%増)。

 他の4社は、出店競争や他業態との競合などが響き、既存店の売上高が鈍化した。セブンのみが売上高を伸ばしたのは、PBの「セブンプレミアム」と「セブンゴールド」(高価格帯PB)の好調が要因だ。

●セブンPB商品の拡大

 セブンのPBについては、すでに、「週刊東洋経済」(12年12月22日号)の特集『PB(プライベートブランド)商品の裏側』が迫っている。当サイト記事でも「実は高くて不味い? セブンイレブンPB本当の価値とは?」で紹介した。

 また、「セブン、独り勝ちのカラクリ 加速する強気出店とPB拡大…飽和説覆すコンビニ3強」では、セブンの強気出店とその背景にあるPB拡大を解説している。セブンは3月1日に、香川県と徳島県で一気に14店を同時出店。来年3月までに両県で140店を出す予定。さらに今年度中に愛媛県、16年度中に高知県に進出。今年度から16年度までの4年間に、四国4県で570店のチェーン展開を計画している。これにより同社の出店エリアは44都道府県となり、「セブン空白県」は青森、鳥取、沖縄の3県を残すのみとなる。

 この強気の出店の背景は「PBと総菜の拡充で、主婦や高齢者の来店増に成功しているのが要因」(前出 東洋経済、以下同)と専門家は分析、セブン既存店の日販(1日当たり1店平均販売額)は約67万円で、他社と10万円以上の差をつけていると指摘。「このため他社が採算割れに陥っている立地でも、主婦や高齢者の取り込みで利益を出している」と解説している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング