燃料電池車、実用化に向け加速する自動車業界の舞台裏〜トヨタ・ホンダ先行、日産の誤算

Business Journal / 2013年8月16日 7時0分

写真

 ホンダは米GMと燃料電池車(FCV)の開発で提携した。FCVの実用化に向けて、世界の自動車メーカーの合従連衡が一気に進んだ。

 ホンダとGMは燃料電池関連の特許出願数で世界トップクラスを誇り、強力なタッグチームといえよう。GMは電池の化学反応の分野、ホンダは電池のコンパクトな設計などで強みを発揮している。

 ホンダは2015年に発売する燃料電池車に、提携したGMの技術を生かす意向であり、20年ごろを目処に燃料電池システムを共同開発すると発表したが、単独で開発を進めていた15年発売の車両にGMの技術を盛り込む。

 これで世界の燃料電池車の開発グループは3つに分かれた。トヨタは独BMWに基幹技術を提供し、15年に500万円程度でFCVを売り出す計画だ。

 FCVをめぐっては、トヨタとホンダの日本勢が先行している。日産自動車は独ダイムラー、米フォード・モーターと提携。3社で共通システムを開発し、17年を目処に量産車を発売する。FCVは水素を燃料にした電気で動く車だ。走行時にCO2(二酸化炭素)を排出しない。1回の水素ガスの充填で500キロメートル以上と、ガソリン車並みの走行距離を確保できるのが強みだ。走行距離でもEV(電気自動車)より、数段優れている。

 EVは比較的簡単な技術で、動力源の電池とモーターがあれば生産可能。一方、FCVは高度な技術が必要で、日本が得意とする“すり合わせ能力”をフルに生かせる。経済産業省も「FCVで世界をリードしたい」として、FCVに注力する。

 FCVの心臓部である発電機は、特許の出願数も膨大で、新規参入組のベンチャー企業には高い壁がある。安倍政権はFCVの燃料になる水素を供給する水素ステーションをガソリンスタンドに併設できるようにするため、規制の見直しに着手した。1基6億円かかるとされる液化水素スタンドの建設は、民間事業としては採算が悪く、国家戦略として取り組む必要がある。

 6月27日に開催された国連欧州経済委員会「自動車基準調和世界フォーラム」で、FCVの安全基準については日本案をベースにすることが採択された。日本政府と自動車メーカーは、15年の実用化に向けて本格的に動きだす。

 そこで重要となってくるのが、水素をどうやって生産するのかという点だ。太陽エネルギーを活用して水から水素を生成する方法だと、生産コストがかからないから理想的だ。太陽電池のパワーアップという技術進歩も、同時並行的に進めなければならない。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング