◯◯整理術◯◯記憶術を使う人は成功者になれないワケ〜スーパーのカゴの真の目的とは?

Business Journal / 2013年8月19日 7時0分

写真

 唐突ですが問題です。

 成功している人の思考の特徴とは、なんでしょう?
 1.情報収集が秀でている
 2.情報整理が優れている
 3.情報発信力がずば抜けている

 さて、どうでしょうか? 一瞬で気づいた人は、間違いなく成功者になれます。

 では答えを言いましょう。答えは「情報を疑う」です。

 「え? 三択にないですよ」と答えたあなた、よく問題を見てください。「次の三択から選んでください」と書かれていません。ただ3つの文章が箇条書きされているだけです。

 この問題は「情報を疑う」ことができるかのテストです。多くの人は「問題文と箇条書きの文章がセットになっていれば、その中に正解があるのだろう」と無意識に考えてしまいます。ここに、普通の人と、成功する人の思考の違いが現れます。

 成功者とそうでない人の勝負は、情報を見た瞬間についています。収集や整理、発信力“以前”の問題なのです。

●情報整理、記憶術などの自己啓発では成功しない

 私はこれまで300名を超える成功者と出会ってきました。その中には上場企業の創業者もいれば、年収10億円を超える発明家もいました。そして、その成功の秘密を探るべく、その人たちの思考の特徴を調べてきました。結果、世間で知られている「思考術」の多くが間違っていることに気づいたのです。

 たとえば◯◯マップ、◯◯整理術、◯◯記憶術などのように、情報を整理し記憶するメソッドは人気があり、多くのビジネスマンも学んでいます。しかし、卓越した結果を出している成功者に、そのようなメソッドを使っている人は、ほとんどいませんでした。それらのメソッドには、そもそも論として「情報を疑う」という前提がないのです。
 
 コンピュータサイエンスの世界では、GIGO(garbage in, garbage out)という言葉があります。「ゴミを入れると、ゴミが出てくる」という意味ですが、プログラムが完璧であったとしても、入力されるデータが間違っていれば出力される情報も間違っているということです。

 優れた整理術や記憶術を学んだとしても、入力する情報がゴミならば、どんなに完璧に整理しようが、どんなに正確に記憶しようが、ゴミはゴミなのです。

 「ゴミだなんて言いすぎです。私が記憶している情報は良い情報ですよ」と反論する人もいますが、「ではその良い情報を一度でも疑ってみたことありますか?」と聞くと、ほとんどの人は何も答えられません。
 
 身近なモノで説明しましょう。あなたがスーパーマーケット(以下、スーパー)に行ったとします。その時、最初にすることは、なんでしょうか? そうですね、入り口でカゴを持つことですね。では、そのカゴは、なんのためにあるのでしょうか?

ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング