ファミマPB「チョコツリー」は「きのこの山」のパクリでは?ファミマさんに聞いてみた

Business Journal / 2013年9月1日 6時0分

 だから直接、ファミリーマートお客様相談室に聞いてみた。

「ファミリーマートで売ってる『チョコツリー』って、まんま『きのこの山』のパクリじゃないんですか?」

担当者 チョコツリーの件ですね。(製造の)担当者の者に確認いたしまして、確かに、こちらの商品は「きのこの山」を参考にして製造させていただいているとのことです。

--(あら、あっさり認めちゃったよ!)明治がつくっている「きのこの山」まんまなので、怒られたりしないのかなと思いまして。

担当者 そうですね、今の段階では特に問題はないというふうに聞いておりますが(きっぱりと)。

--参考にしてつくっているということですね?

担当者 はい(あっさりと)。

--こういうのって、悪く言うと明らかに「パクリ」ですよね?

担当者 そうですね。そういった捉え方もされることはございます。このようなご指摘をいただいたということは、関係部署のほうにはお伝えさせていただきます。

--同じ「ボクのおやつ」シリーズのキャラメルコーンやポリンキーはちゃんとメーカーと提携して販売しているのに、なんで「チョコツリー」だけそうじゃないんですか?

担当者 申し訳ございませんが、その辺りに関しては、こちらではご案内は難しいです。あくまでも企業内の製造上の問題ですので、そういった開発に関わる細かい内容に関しては、こちらではご案内できかねます。

 あら、まさかの逆ギレ。でもやっぱりつくっているほうも「きのこの山、いんじゃね?」ってノリで思わず真似してしまったのは間違いないようである。

 実はテレビ業界には、そんな時に便利な魔法の言葉がある。「どう見てもパクリじゃねーかよ」と指摘された時に、半ば開き直ってこう言い放つのだ。

 「これは、オマージュです!」

 そう、パクった相手へのリスペクトを込めてオマージュしているのだと。まったくタチの悪い開き直りではあるが、モノは言いよう。

「きのこの山」のオマージュお菓子「チョコツリー」、味はけっこうイケるので、一度食べてみてください。
(文=鮫肌文殊/放送作家)

【近況】
 夏休みに四日市と広島に遠征してアナログレコード漁り&8月のはじめに小西康陽さんら出演のDJイベントに出演と、趣味の大きな行事が終わって、猛暑の中ただいま抜け殻状態。今月の終わりに沖縄のお笑いコンクールの審査員に行って参ります。今から沖縄のレコードを漁るのが楽しみです。

●鮫肌文殊(さめはだ もんぢゅ)
1965年、神戸にて誕生。放送作家。『世界の果てまでイッテQ!』(日テレ系)、『さんまのスーパーからくりTV』(TBS系)などを手がける。NOT地上波で、ちょっと面白い新番組やります。詳しいことはおいおい。あと作家仲間の中野俊成と、東京銀座のコミュニティFM、中央FMにて毎週金曜夜8時から『決定! レコ歌ベストテン』の選曲&DJやってます。聴きたい方は、その時間に銀座までラジオ持ってきて聴いてください(笑)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング