宮崎駿監督引退、国内外の反応を整理「ディズニーを超えた」「また“引退詐欺”」

Business Journal / 2013年9月6日 13時0分

写真

 7月20日に公開され大ヒット上映中の映画『風立ちぬ』を最後に、長編映画製作から退く宮崎駿監督が、本日9月6日14時から記者会見を行う。

 これまで数々の名作を送り出してきた宮崎監督。引退を惜しむ気持ちもあってか、2ちゃんねるやツイッター上では「引退詐欺」の常習犯だとして、次のような“コピペ”が出回っている。

「86年『ラピュタ』→宮崎、コケて引退をほのめかす
 92年『紅の豚』→宮崎『やりたいことはやった。アニメはもうおしまい』
 97年『もののけ姫』→宮崎『これを最後に引退』
 04年『ハウル』→宮崎、情熱がもてなくなったと引退を示唆
 13年『風立ちぬ』→NHKトップニュースで引退報道」

 引退宣言を繰り返す理由として、2日付J-CASTニュース記事では、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーがかつてインタビューで語った「毎回、全身全霊を打ち込むから、そうなってしまうのですよ」「本人には、だます気などさらさらない」という言葉を引き、「全て出し切ってしまってこれ以上の製作は無理だと『引退宣言』してしまうが、暫くすると心身が充実し始めて『また製作したい』と思うらしい」とまとめている。多くのファンが今回もそうなることを期待しているものの、ベネチア国際映画祭という大舞台の公式会見で明らかにされたこともあって、本人の口から今後、何が語られるかと注目が集まっている。

 一方、海外メディアは偉大なアニメーション監督の足跡を振り返るなど、着々と“花道”を作り上げている感がある。

 2日付日本経済新聞電子版がまとめたところによると、英紙デーリー・テレグラフ電子版は『風立ちぬ』の映画評のなかで引退に触れ、主人公の「芸術家や技術者が活躍できる期間は10年しかない」というセリフとともに、「宮崎監督は芸術家でも技術者でもあり、30年以上活動しているが、私たちを驚かせ続けている」と紹介。

 またロイター通信は1日、「『日本のウォルト・ディズニー』とも評される監督」と報じているが、3日付ウォールストリート・ジャーナル記事『引退する宮崎駿監督--ウォルト・ディズニーを超えていたか』では、「アニメーションに対する宮崎氏の影響力はグローバルだった」「環境保護は宮崎氏の映画のメーンテーマであり、地球温暖化をめぐる懸念の高まりとともに、彼のビジョンはますますビジョナリー(先見性、洞察力の ある)になっているようだ」と分析。日本の友人に日本のウォルト・ディズニーだと宮崎監督を紹介されたという筆者は、その評価に対して「宮崎氏がそれをはるかに上回っていることを学んだ」と締めくくっている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング