第三次ホテル戦争の幕開け〜外資系開業ラッシュを迎え撃つ日系ホテル、攻防のカギは?

Business Journal / 2013年9月9日 18時0分

写真

 「週刊ダイヤモンド」(ダイヤモンド社/9月7日号)は、「宿泊客1万人が選んだ 激変! ベストホテル」という特集を組んでいる。「ホテル業界が明るい。需要増による客室の高稼働に、いくつもの外資系ホテルの開業予定、宿泊特化型の伸長や、大型買収の復活、設計革命など話題は多い」という内容だ。

 円安やLCC(格安航空)増設、東南アジア諸国へのビザ緩和による外国人旅行者の急増に加えて、日本国内のアベノミクス効果による消費マインドの好転といった景気回復で、東京、大阪、沖縄、北海道など全国の主要都市や観光地では、客室稼働率90%超のホテルが続出だという。

 知っておきたいのは、さらにこうした環境に加え、同業界では第三次ホテル戦争の火ぶたが切られようとしている。まずは今年12月3日にオープンするのが東京マリオットホテルだ。森トラストが運営するラフォーレ御殿山をブランド転換したもので、外国人客の比率を高める。

 2014年夏には、森ビル・虎ノ門ヒルズの高層階に、ハイアット系のアンダーズ東京が入る(164室)。パークハイアットとグランドハイアットの中間価格帯だ。また、大手町の高層ビル・大手町タワーには高級リゾートホテルとして知られるシンガポールのホテル・アマンが初上陸、16年には三菱地所の大手町東地区再開発プロジェクトのひとつ、18階建ての建物に、星野リゾートの「星のや 東京」が開業予定されている。

 これに対し、老舗ホテル御三家で、帝国ホテル東京、ホテルニューオータニに並ぶホテルオークラ東京が施設の老朽化に伴い、建て替えに乗り出すという。

 第一次ホテル戦争はフォーシーズンズホテル椿山荘(1992年)、パークハイアット東京、ウェスティンホテル東京というホテル新御三家が登場した94年に起きた。

 第二次ホテル戦争は、2005年にコンラッド東京、マンダリンオリエンタル東京、07年にはザ・リッツ・カールトン東京、ザ・ペニンシュラ東京、09年にシャングリ・ラ ホテル東京、などが続々開業した00年代後半だ。特に07年は、供給過多を懸念する「2007年問題」が注目された。

 ダイヤモンド編集部では、恒例のホテル宿泊者1万人ビジネスパーソンのアンケートを実施。今回、満足度を基にランキングした。

●ディズニー関連ホテルが人気

 1位:東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ(千葉)、2位:リーガロイヤルホテル(大阪)、3位:ヒルトン東京ベイ、4位:東京ディズニーランドホテル(千葉)、5位:JRタワーホテル日航札幌(北海道)、6位:ザ・リッツ・カールトン大阪(大阪)、7位:帝国ホテル東京(東京)、8位:名古屋マリオットアソシアホテル(愛知)、9位:ホテル日航アリビラ(沖縄)、10位:品川プリンスホテル(東京)といったランキングになった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング