東京五輪プレゼン、「原発汚染水問題ない」は世界への大嘘では?金満アピールにも疑問

Business Journal / 2013年9月9日 19時0分

写真

 主要なテレビ番組はほぼすべて視聴し、「週刊新潮」などに連載を持つライター・イラストレーターの吉田潮氏が、忙しいビジネスパーソンのために、観るべきテレビ番組とその“楽しみ方”をお伝えします。


 いやあ、東京になっちゃったんだなぁ、2020年夏のオリンピック。個人的にはオリンピックは世界のどこで開催されようと感動を与えてくれるし、興味がある競技のテレビ中継は必ず観るし、何も問題山積みの日本でやらなくてもいいのになと思っていた。アスリートだけでなく、芸能人まで巻き込んで、大金使っての招致活動には正直疑問を抱いていたし。

 ひとまず、ネタとしては東京のプレゼンだけチェックしておこうと思っていた。各局がこぞってオリンピック騒ぎだったが、私の大好きな土曜ドラマ『夫婦善哉』(NHK)を観た後、そのまんま同局で固定。全体的な感想としては「もやもや」である。

 いや、プレゼン全体はテレビで観ていて、素直に面白かった。フェンシング選手の太田雄貴のスピーチは爽やかで親近感もあった。アスリートならではの説得力のある言葉選びだったし、とても好感が持てた。昔懐かしの“斜め45度”から真正面に体勢を向き変え、フランス語で「オモテナシ作戦」を成功させた滝川クリステルのスピーチも、色気と覇気のバランスがちょうど良かったと思う。プレゼン映像に出てきた小谷実可子の人工知能つきロボットっぽいガイドっぷり(往年の楠田枝里子を彷彿とさせる)も興味深いものがあった。東京五輪招致委員会の竹田恒和理事長も、落ち着きのある柔和な印象が信頼感を高めたように思える。全体的には完成度の高いプレゼンだったと、素直に拍手を送りたい。

 素直に受け止められなかったのは、“TOKYO金満”アピール。猪瀬直樹都知事が興奮した顔で、妙な抑揚をつけて、「われわれは開催資金45億ドルを確保している、しかも銀行に、現金で!」と言い放ったときの会場のどよめき。「オレさまのところはゼニがうなるほどあるんだぜ、しかも現金でな!」と赤ら顔の成金オヤジが左団扇で豪語しているような印象。あれを強気の姿勢と礼賛するのなら、それはそれでいいけれど。個人的にはちょっと好感を持てないスピーチだった。
 
 で、もやもや点はふたつ。ひとつは、東京がオリンピック招致でいかにも盛り上がっているかのようなアピールっぷりである。私は東京都民だが、周囲で盛り上がりを感じたことは一切ない。あくまでテレビ局が盛り上がっているだけで、都民はわりと冷静&平静だ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング