みのもんた、悪評多き次男逮捕で“姑息”会見逆ギレ理由と引退時期〜暴力団とも関係?

Business Journal / 2013年9月18日 2時0分

写真

 本日(9月18日)発売の「週刊文春」(文藝春秋/9月26日号)と「週刊新潮」(新潮社/同)は共に、特集記事であの大物司会者・みのもんたの次男逮捕、そして引退時期について報じている。

 以前、当連載でもお伝えしたみののセクハラ疑惑(『みのもんたセクハラの常習の実態「後ろから抱きつき…」銀座のクラブでは女性にパワハラ?』)。今月9日から、みのは情報番組の司会者としては極めて異例の今年2度目の夏休みを取ったため、セクハラ疑惑との関係が疑われたが、実は8日までに次男が逮捕される可能性を知っていたため、不自然な休みを取ったとも報じられている。そして11日、警視庁捜査3課は、不正に入手した他人名義のキャッシュカードを使い現金を引き出そうとしたとして、みのの次男で、日本テレビ社員の御法川雄斗容疑者を窃盗容疑で逮捕した。

 これを受け、みのは同日、ファックスで謝罪のコメントを発表。13日には神奈川県鎌倉市にある自宅前で記者会見に臨み、次男について「家族とはいえ、もう30を過ぎた男の別の人格」とは言いつつも、「どうしても家族の一員、次男という気持ちは切っても切れない」「父親として息子のことも信じたいし、日本の治安を守っている警察も信じたい」と憔悴しきった様子で話し、司会を務める『みのもんたの朝ズバッ!』『みのもんたのサタデーずばッと』(共にTBS系)への出演を自粛すると発表した。

 一方で、報道陣から「引退するのか?」と聞かれたみのは、逆ギレして引退を否定したという。しかし、みのは約2年前の2011年9月23日に放送された『真実発掘ミステリー 歴史はこうして作られる』(日本テレビ系)で引退する旨を発言しているのだ(その後撤回)。「日刊サイゾー」の記事『「引退はしない!」報道陣に逆ギレのみのもんた 明らかになる暴力団との蜜月関係』によれば、この発言の裏には、みのと暴力団との不適切な関係があり、TBSの内部調査に対し、みのも暴力団との関係を認め、引退を覚悟していたという。

 この不適切な関係とは、東京都発注の水道メーター談合事件をめぐり、自らが社長を務める水道メーター製造販売会社・ニッコクが東京地検特捜部の家宅捜索を受け、右翼団体から抗議活動を起こされた時のこと。この抗議に対して、みのは“芸能界のドン”ことバーニングプロダクションの周防郁雄社長を通じ、神戸に拠点を置く暴力団・松浦組に沈静化を依頼して、解決を図ったという。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング