AKBとももクロ、どちらが好き?対照的なファン層の世代や“求めるもの”の違いが鮮明に

Business Journal / 2013年11月10日 7時0分

写真

 10月30日に発売された通算33枚目のシングル『ハート・エレキ』(キングレコード)が店着初日に102.1万枚を売り上げ、史上初となるシングル14作連続ミリオンを達成するなど、いまだ人気の衰えを知らないアイドルグループ・AKB48。日本のアイドル界でそのAKB48と双璧をなすほどに人気急上昇なのが、昨年大みそかの『NHK紅白歌合戦』にも初出場し、今年8月に行われた日産スタジアム(神奈川県)でのライブでは約6万人もの観客を集めたももいろクローバーZ(以下、ももクロ)だ。


 どちらも数多くの熱狂的ファンを抱え、テレビや雑誌などメディア露出も増す一方のように見えるが、一般の人々の間ではどちらのほうが人気があるのだろうか?

 今回はインターネット調査最大手・マクロミルの協力の下、全国の1000人にアンケートを実施。その調査結果から人々の本音をのぞいてみよう。

・調査期間:2013年10月23日(水) 〜2013年10月24日(木)
・調査方法:インターネット調査
・調査対象:マクロミルモニター会員 男性500人、女性500人 合計1000人

<調査結果>

Q.あなたはアイドルグループのAKB48とももいろクローバーZのどちらが好きですか?

 1.AKB48 53.6%
 2.ももいろクローバーZ 46.4%

<解説>

 全体で見てみると、AKB48がわずかにももクロを上回る結果になった。この結果を「さすがAKB48」と見るか、「ももクロ大健闘」と見るかは意見の分かれる部分だろう。まだ知名度が発展途上であった1年前であれば、おそらくももクロの獲得する支持率はもっと低かったはず。この1年あまりの、ももクロの活躍ぶりがうかがい知れる。

 では、男女別ではどのような結果となるのだろうか? 

 男性では、AKB48の支持率が58.0%である一方、女性ではももクロへの支持率が50.8%と、僅差ながらAKB48を上回る結果を記録した。

 さらに、年齢別で見ると興味深い結果が。20〜24歳でのももクロの支持率が67.9%という結果をはじめ、若年層に対してももクロが支持を拡大する一方、60歳以上になると、AKB48の支持率は66.0%と圧倒的に。年齢が高くなればなるほど、AKB48に対する盤石の支持基盤が形成されているようだ。若者はももクロ、高齢層はAKB48と、はっきり分かれた今回の調査結果だが、この境界線となる年齢が「40歳」。この年齢を境に、上に行けばAKB48ファンの割合が強くなり、下に行けばももクロのファンが勢力を増している。これは、国民的アイドルと若者のアイドルの差なのか、それとも別の要因なのか。この結果については、さらなる調査・分析がまたれるところだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング