みずほ銀、遅すぎた頭取交代の裏側~旧富士銀勢の不満抑制を狙った“消去法”人事

Business Journal / 2014年1月28日 1時0分

写真

 みずほフィナンシャルグループ(FG)は1月23日、傘下のみずほ銀行の佐藤康博頭取(61)が4月1日付で退任し、後任に林信秀副頭取(56)が昇格する人事を発表した。佐藤氏はみずほ銀で代表権のない取締役になるが、みずほFG社長として引き続きグループCEO(最高経営責任者)にとどまる。

 佐藤氏は23日午後の記者会見で、頭取辞任の理由について「社会を騒がせたことに対するけじめだ」と述べたが、「行政処分を受けたことの責任を取って頭取を交代するわけではない」と引責辞任は否定した。

 みずほ銀は系列の信販会社・オリエントコーポレーション(オリコ)の提携ローンで暴力団組員らへの融資を放置していた問題で、金融庁から業務の一部停止を命じられた。
これを受けて佐藤氏は1月17日、金融庁に2度目の業務改善計画を提出。この時の記者会見で頭取を続ける意向を示していた。

 そのわずか1週間後に退任を表明したことについて、17日時点では「(林氏に頭取)就任の打診ができる状況ではなかった」と釈明。「本人が就任を受諾する前に発表していたら混乱した」と述べ、「ご迷惑をかけたが、理解してほしい」と弁明した。この席で佐藤氏は「頭取辞任は昨年10、11月ごろから考えていた」ことを明らかにした。今後はみずほFG社長にとどまり、新たな体制づくりやグループ戦略を練る役割に専念する。再発防止に向けて、6月には委員会設置会社に移行し、社外取締役が人事などを主導するかたちになる。

●林氏起用の理由は「OBとつながりがない」

 佐藤氏は林氏を頭取に起用したことについて「誰にも相談せず1人で決めた」とした。林氏は国際部門の担当だったため、暴力団融資問題では社内処分を受けず、無傷な副頭取だった。富士銀行の出身で、「旧行のバランスを取った人事では」との質問に、「富士銀出身ということを意識したつもりはない。林氏は国内外の経験が豊富だ。海外の企業の経営トップと直接話ができる。OBとのつながりや旧行意識がない人ということで選んだ」と述べた。

 この発言に今回の人事の本音が透けてみえる。ポイントは「OBとのつながりや旧行の意識がない」という点に尽きる。ここでいうOBとは、旧富士銀のトップだった前田晃伸・元みずほFG社長(現・名誉顧問)を指している。林氏は富士銀出身だが、富士銀勢が推す“ポスト佐藤”の候補には挙がっていなかった。林氏は1980年に東京大学経済学部を卒業し、富士銀行(現みずほ銀)に入行。国際畑を歩いた。富士銀行、第一勧業銀行、日本興業銀行の3行が統合した後は、大企業との取引が中心のみずほコーポレート銀行(CB)の国際業務部門で実績を積んだ。CB常務取締役インターナショナルバンキングユニット統括役員、国際ユニット長を歴任してきた。

ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング