別人作曲・佐村河内氏の美談捏造に加担したNHK、何を誤った?事実より感動優先

Business Journal / 2014年3月10日 22時0分

写真

「現代のベートーベン」と呼ばれていた作曲家、佐村河内守氏をめぐる騒動が続いている。代表作にしてヒット作である『交響曲第1番 HIROSHIMA』をはじめ、東日本大震災をモチーフに生まれたという『鎮魂のソナタ』などの作品が、別の人物(新垣隆氏)によって作曲されていたことが判明したのが2 月。さらに、広島生まれの被爆二世である佐村河内氏はこれまで、自身が全聾であることを公言してきたが、3月7日の記者会見では全聾ではなく難聴であったと告白し謝罪した。

 佐村河内氏が世間から注目された背景には、彼を取り上げ、礼賛してきた活字や映像といった多くのメディアの存在がある。中でも2013年3月31日に放送されたNHKスペシャル『魂の旋律~音を失った作曲家~』の影響は大きかった。番組は耳鳴りなどに苦しみながら作曲しているという佐村河内氏に密着取材を敢行。インタビュー映像もふんだんに流された。「闇の中からつかんだ音みたいな、そういったものこそ僕にとっては真実の音なんじゃないかな」などと語る全聾の作曲家は、番組内で一種のカリスマとして扱われていた。放送後はインターネット上に称賛の声があふれ、CDの売り上げも急増した。「NHKスペシャル」というブランドの力によるものだ。

 この番組の企画を提案し、密着取材を行った外部ディレクターはもちろん、NHK関係者は全員、本人が作曲していなかったことにも、全聾ではないことも気づかなかったことになる。いや、現時点では「自分たちも騙された、嘘を見抜けなかった」と言い張るしかないだろう。この2点を知りながら番組を制作し、放送したのであれば、佐村河内氏の虚像づくりに加担して視聴者を、そしてCDや本の購入者を欺いていたことになるからだ。

 実は、この番組内では、佐村河内氏が作曲しているシーンや楽譜に書き込んでいる映像は流されていない。前述のディレクターによれば、佐村河内氏が「神様が降りてくる神聖な瞬間なので、見せることはできない」と言って、作業は絶対に撮影させてくれなかったという(「AERA」<朝日新聞出版/2月17日号>より)。その代わりに、佐村河内氏が苦悶の声をあげながら床を這いずり回ったり、出来上がった譜面を持って部屋から出てきたりする映像は見せていた。だが、肝心のシーンはなかったのだ。

 もともと、佐村河内氏を取材対象とした理由に、耳がまったく聞こえないのに作曲する、普通ではあり得ないことをしている人という“物語”があったはずだ。その場合、あり得ないことが起きている事実を映像で押さえないまま、番組として成立させたことに問題がある。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング