AKBはブラック企業の象徴?過酷な長時間労働、過剰競争、全人格評価…

Business Journal / 2014年4月1日 18時0分

写真

 30歳以上の新メンバーを募集する「大人AKB48オーディション」、昨年ヒットしたNHK連続テレビドラマ『あまちゃん』の劇中アイドルグループGMT47を模した47都道府県から1名ずつ選出する「AKB48 Team8全国一斉オーディション」、昨年の「AKB48グループドラフト会議」など、立て続けに新コンセプトのオーディションを展開しているAKB48。最近では子どもたちのなりたい職業ランキングでもアイドルが上位にランキングしているが、その中でもやはりAKB48への憧れは絶大だろう。

 しかしそんな女の子たちの憧れの職業に対し、「AKB48こそが、ブラック企業」という衝撃の説を唱える人物がいる。2010年にいち早く「ブラック企業」問題に警鐘を鳴らし、この言葉の生みの親でもある坂倉昇平氏だ。若者の労働問題に取り組むNPOの理事を務め、関連雑誌を発行している坂倉氏だが、彼のいう「AKB48ブラック説」とは、どのようなものか。

 坂倉氏の著書『AKB48とブラック企業』(イースト新書)では、AKB48自体が日本の雇用システムの再現であるとして、主にAKB48プロデューサー・秋元康氏が手がけるAKB48楽曲の歌詞と日本の雇用を比較検証し、AKB48とブラック企業をリンクさせていく。

 まずAKB48の労働特性として「メンバーが物語やキャラクターを演じ」なくてはならない。それはファンとの関係から「相手(ファン)感情を読み取り、感情に働きかけるような労働が必要」となる。これを「感情労働」と呼ぶが、行き過ぎた感情労働は「精神的疲労、消費者のために満足がいく感情労働ができないことによるストレス」「消費者からの圧力」が生じていくことになる。さらに「キャラクターを演じる」AKB48は全人格が評価対象となり、過酷な長時間労働に晒されているのだ。

●過酷な労働環境

 確かにAKB48の労働環境は過酷だ。しかも彼女たちのコンセプトは「会いに行けるアイドル」。よって「握手会の回数が膨大になり、人気メンバーは一回当たりの拘束時間も長時間化する」。

 それを補うのが「やりがいの搾取」だという。ファンのためにとメンバーたちが自発的に労働環境の過酷さを我慢して受け入れてしまうことを指すが、そこにメンバーたちを導く装置が、AKB48の歌う歌詞に隠されているという。

 秋元氏が手がける歌詞の多くは「自己啓発」的であり、労働を美化し、また自己責任を押し付けるものとしても機能する。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング