最高払戻2億円で熱い競馬、的中率アップの方法は?多数の競馬関係者から裏情報を入手?

Business Journal / 2014年4月11日 1時0分

写真

 日本全国に900~1000万人いるともいわれる競馬ファン。競馬は、宝くじやLOTOと同様に合法的なギャンブルで、中央競馬を開催する日本中央競馬会(JRA)の年間の売上高は、2兆4000億円にも達するという。そして、そのうち75%に当たる1兆8000億円ほどが、的中した勝馬投票券(馬券)の払い戻し金として換金される。

 もちろんギャンブルである以上、勝ち組と負け組が存在し、昨年、競馬脱税裁判で話題を集めたように、1億円以上馬券で儲けている人もいれば、相当な額をJRAに捧げてしまった人もいるだろう。

 競馬場や場外馬券場で馬券を購入していたのは昔の話で、インターネットを経由してスマートフォン(スマホ)やパソコン、フィーチャーフォン(ガラケー)からでも購入できるようになり、今や全体の年間売り上げの60%近くを占めるまでになっている。さらに2011年からスタートした新馬券のWIN5は、最高配当2億円という高額配当馬券で、すでに5本の2億円馬券が飛び出している。そしてこのWIN5は、6月から最高配当が6億円に引き上げられることがすでに決定しているのだ。

 JRA主催のレースは週末の土日に開催されており、サラリーマンにとっては格好の娯楽手段。家族サービスに忙しいパパでも、スマホやガラケーを片手に簡単に馬券が購入できるのがうれしい。

 ただし素人が手を出しても、ビギナーズラックは何度も続かない。負け組になるのは目に見えている。

 しかし、そこであきらめるのはまだ早い。競馬は、運に任せるだけの宝くじやLOTOなどと異なり、予想する側の能力によって的中率や回収率を高めることができる、数少ないギャンブルだ。もし勝ち組に回ることができれば、これ以上ない副収入手段といえるだろう。どうせなら娯楽を兼ねた小遣い稼ぎとして、競馬を検討してはいかがだろうか?

 今回は、数ある競馬予想手段の中で、競馬素人からベテランまで幅広いユーザーが利用している、無料情報サイトに注目してみた。

●唯一無二の情報が競馬をギャンブルから投資へ変える?

 馬券を的中させるアプローチはいくつかあるが、代表的なのは「競馬記者や競馬予想家による予想」と「競馬関係者からの情報」といえるだろう。

「予想」には「情報」と異なり、その人の主観が多分に含まれており、多くの場合、人それぞれ見解が違う。つまり結果が出なければ、誰の主観が正しかったのかわからないという問題点がある。

ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング