かつら市場、なぜ異変?女性用と医療用が拡大、多彩なサービス続々で購入が身近に

Business Journal / 2014年5月20日 14時0分

写真

 女性用かつらのイメージが変わってきた。白髪や薄毛が気になる女性だけでなく、ファッション感覚でヘアアレンジを楽しむ女性が増えたためだ。大手かつらメーカー・アデランスによれば、男性は欠点を隠す目的でかつらを買うことが大半だが、女性の約4割はファッションの延長として購入するという。

 女性用かつらは「ウィッグ」とも呼ばれ、ファッション性が高いものが増えている。自毛となじませてボリュームをアップさせたり、和装やパーティーの時など、服装やシーンに合わせてヘアスタイルを変える人も多い。矢野経済研究所が2012年に発表した調査結果によると、かつらや増毛関連の毛髪業市場は、11年度で約1330億円となっており、男性用の需要は縮小傾向にあるという。その背景としては、坊主頭やスキンヘッドにオシャレなイメージが定着しつつあることや、発毛や育毛などの市場が成長していることがある。そのような中、男性用かつらの需要減を補うかたちで女性用かつらが拡大している。

●かつら市場、医療用と女性用が牽引

 かつらの価格はピンからキリまであるが、女性用の場合、オーダーメイドで平均40~50万円。既製品でも10万円程度するため、一般的にかつらは高額な印象が強かった。しかし近年は、新興企業の参入により、ネット通販やテレビショッピングで手軽に購入できるかつらが増えたため、市販品の価格は下落傾向にある。

 アデランスやアートネイチャーなど、既存の大手かつらメーカーも、駅ビルやスーパーへの出店を加速。また、美容室チェーンの田谷が自社開発のかつら販売を始めた。購入後も全国の美容室店舗でカットなどの調整が可能なため、普段の美容院通いで手軽に購入し、維持できる。こうした販売チャネルの拡大により、女性用かつらに対するマイナスイメージは薄れ、身近なファッションアイテムとして認識されつつある。

 かつら市場の中でも、ニッチな分野として成長著しいのが医療用かつらだ。通常のかつらと何が違うのか。医療用かつら専門店のanによれば、「医療用かつらは、お薬による脱毛や事故などによる髪の脱落にお悩みの方が、一時的に着用されるかつらです」と説明する。明確な定義はないものの、「投薬治療を行う場合、脱毛による頭のサイズの変更や、頭皮が普段よりデリケートになる」(同)といった事情から、医療用かつらを専門とする業者も増えてきた。

●購入費を補助する企業や自治体が登場

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング