今週末の競馬・安田記念、世界最強馬登場でも波乱の展開? 6億円を狙うための非公開情報

Business Journal / 2014年6月3日 14時0分

写真

●WIN5の最高額が6億円に

 第81回東京優駿(日本ダービー)が終了してまだ間もないが、今週は日本ダービーを上回るニュースがある。

 日本中央競馬会(JRA)が指定する5レースの1着を当てる馬券「WIN5」の最高配当額が、2億円から6億円に引き上げられるのだ。

 ドリームジャンボ宝くじの1等・前後賞合わせて5億5000万円、ロト6の1等最高4億円という当せん金を上回る高額な払い戻しが期待できるとあって、競馬ファン以外にも話題となっている。

 もちろん全通り購入すれば必ず的中するわけだが、もし5レースがすべて16頭立てだった場合の組み合わせは104万8576通り、すべて100円ずつ購入したとして1億485万7600円の資金が必要になってしまうので、それでは高配当にならなかった場合には大損してしまう。どれだけ狙いを絞って購入できるかが、大きなポイントになりそうだ。

 高配当が飛び出す条件は、多くの人が選ばないような人気薄の馬が勝つことで、過去に最高額である2億円馬券が発生したのは6回あるが、いずれも低人気馬が勝利している。

 もちろん、今週からいきなり6億円が飛び出すような大波乱になるとは限らないが、やはり競馬は夢があったほうがいい。

 馬券には、自分でレースの展開を予想して、購入する組み合わせを選ぶ楽しみがあり、的中すればその興奮は何物にも代えられない。

●日本が誇る現役最強馬が登場

 今週は、そのWIN5の配当引き上げもさることながら、同じくらい注目されているのが国際競走【編註:外国馬も出走できるレース】として指定されている第64回安田記念だ。

 このレースに出走する有力馬の一頭に、ジャスタウェイという馬がいる。

 実はこの馬、3月に海外のドバイ首長国で行われた競馬の祭典・ドバイ国際競走(ドバイデューティーフリー)で優勝し、世界ランキング1位に認定されている、まさに現役最強馬なのである。

 かつて国内最強とうたわれたディープインパクトやオルフェーヴルも成し遂げられなかったことを考えれば、世界ランキング1位の称号が、どれほどすごいことかわかるだろう。

 そのジャスタウェイが凱旋帰国、国内復帰初戦を迎えるのである。

 しかし安田記念は、必ずしも人気馬が勝利しないレース、つまり波乱含みのレースであることで有名だ。

 三連単が発売された2005年以降の9回のレースで発生した10万馬券(100円が10万円以上になる馬券)は6回を数え、さらに1番人気馬は過去15年でわずか2勝という成績。

ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング