優里と“半同棲愛”の高木紗友希が「恋をしたわけ」…アイドル業界を襲う高年齢化のワナ

Business Journal / 2021年2月14日 14時0分

写真

 2月11日、文春砲がハロー!プロジェクト(以下、ハロプロ)を襲った。

 文春オンラインによって、人気シンガーソングライター優里(ゆうり、26歳)と、ハロプロ所属の8人組アイドルグループ「Juice=Juice」でサブリーダーを務める高木紗友希(たかぎ・さゆき、23歳)との“半同棲交際”が報じられたのだ。

「優里さんのほうは、報道直後の12日金曜に放送された『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に“ネットで話題のミュージシャン”として初出場、しかもトリで熱唱しファンを歓喜させていました。一方の高木さんのほうは、同じく12日にJuice=Juiceからの脱退、ハロプロからの離脱を表明。あまりにも対照的な対応に、ハロプロファンは愕然としていましたね」(30代のハロプロファン)

 文春オンラインによれば、2人の交際開始は2019年末ないし2020年に入ってからのこと。記事では、優里の自宅マンションで洗濯物を干す高木の姿や、2月7日に開催されたハロプロのコンサートに高木が同マンションから出勤・帰宅する様子などが写真付きで詳細に記述されていた。

 優里は、人気バンド「MY FIRST STORY」のボーカル、Hiro(森内寛樹、27歳)がレコーディング監修した楽曲で名を上げ、路上ライブアーティストから一気にスターダムへのし上がった“シンデレラボーイ”。2020年に2曲の配信シングルをリリース後、同年8月にメジャーデビューしている。

 ちなみに彼を“見初めた”Hiroは、大人気バンド「ONE OK ROCK」のボーカルで元NEWSメンバー、さらには森進一・森昌子元夫妻の息子としても知られるTaka(森内貴寛、32歳)の弟としても知られる人気アーティストである。

コブクロ好き、自身も歌唱力の高さを誇ったJuice=Juice高木紗友希

 一方の高木は、“ハロプロの歌姫”として知られる歌唱力の持ち主。2009年11月にハロプロエッグ(現在のハロプロ研修生)に加入後、ハロプロ一筋で活動を続けてきた10年選手で(Juice=Juiceの結成・加入は2013年2月)、2020年11月に放送された『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)内の企画「令和アイドル界スゴいボーカリスト10人」のひとりに選出され、ますますの活躍が期待されていた。

「高木さんはコブクロ好きを公言するなど、“聴かせる”ミュージシャンの音楽を愛聴していることをインタビューなどでたびたび語ってきました。そんな彼女にとってみれば、シンガーソングライターの優里さんとの交際は『天まで登れ!』(ハロプロ研修生の楽曲)という気持ちだったのかも。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング