なぜ戦力の劣る「公立校」金足農業は甲子園で勝てたのか? 時流と逆行の戦術&練習

Business Journal / 2018年8月24日 0時0分

――バント練習を増やした中泉一豊監督には、どういう狙いがあったのでしょうか。

田尻 それについて中泉監督に聞きました。バントをすると、最後まで球筋を見極める力が付き、球とのタイミングを合わせるという思いを込めてバント練習をさせていたと語っています。選手も監督がバント練習に力を入れろと言われて忠実に行った結果、バントで勝つチームづくりに成功しました。

――ほかには、どんなユニークな取り組みを行っていますか?

田尻 1月の冬合宿で、「坂道ダッシュ」「一番にならないと抜けられないダッシュ」などで苦しさに耐えられるようになったという声がありました。やはり、バッティングもピッチングにしても下半身をつくるのは大事なのです。最近は走らないでトレーニングする方法はあるのですが、金足農は下半身だけではなく、精神力も鍛えられたのです。

――吉田投手は精神面も強かったですが、今回の活躍の裏ではそういう精神力がバネになったのでしょうか。

田尻 それプラス悔しさです。去年の夏は地区大会決勝で敗れて、秋大会は準々決勝まで進出しましたが、8回まで4-0で勝っていたのにもかかわらず、5点取られてひっくり返されました。終盤にスタミナ切れなどで崩れるケースが多かったのです。結局5-6で負けました。それがあったから走るようになったのです。

●吉田投手の今後

――吉田投手はプロで通用しますか。

田尻 今回投げ過ぎたので、そこを心配しています。最近では斎藤佑樹投手のようなケースになる可能性があります。体型的にも斎藤選手と似ています。プロの選手であれば、球も速いセットアッパー投手型で活躍するのかと思います。プロ志望届を出せば、今回の人気もあり、ドラフト上位は堅いです。問題は、吉田投手がプロ志望届を提出するかがカギです。

――プロを志望しない可能性もあるのでしょうか。

田尻 聞いた話ですが、今回の甲子園以前から、東北地方の大学に進学する意向があるようです。本人もその大学野球部の監督の指導も受け、良好な関係を築いています。それをプロ側が覆せるかどうかですね。

――今回の甲子園で、金足農は実力以上の力を発揮できた?

田尻 公立の農業高校であり、弱い秋田県代表で全員が地元ということで、観客は完全に感情移入していました。私はこれを「宇宙空間」と呼んでいます。金足農選手もその雰囲気に押されて活躍しました。観客は時として負けているほうを応援するものですが、準決勝で負けていた日大三高があと一歩というところまで金足農を追い詰めたとき、観客は金足農を応援する空気でした。これは珍しいことです。

――東北勢は、弱いのですか? 深紅の優勝旗は白河の関を今年も超えることはできませんでした。津軽海峡は越えたのですが。

田尻 東北勢は決して弱くはありません。決勝戦でも観客は、金足農を応援していた方も多かったのですが、あと一歩及ばずでした。北海道勢が優勝したケースでは、初優勝をした駒大苫小牧ですが、この時は「何がなんでも駒大苫小牧に勝たせろ」という雰囲気に包まれていました。沖縄県勢でいえば、興南高校が春夏連覇しましたが、夏の大会の甲子園は「沖縄勝たせろ」という雰囲気でした。

――ありがとうございました。
(構成=長井雄一朗/ライター)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング