タトゥーを入れて後悔する人々…元に戻らず生活に制約、医師以外の施術は命の危険も

Business Journal / 2018年9月14日 0時0分

写真

 タレントのりゅうちぇるが、自身のインスタグラムで両肩にタトゥーを入れていると明かしたことがきっかけとなり、インターネット上や各メディアでタトゥーに関する議論が過熱しているが、タトゥーの是非を論じる前に認識すべきことがあるのではないだろうか。

 そもそも、現状でいえば、日本でタトゥーを人に施すことができるのは「医師」だけとされている。医師でないものがタトゥーを施した場合、医師法違反の犯罪である。たとえば、りゅうちぇるにタトゥーを施した彫り師は、医師免許を保有していない限り、犯罪を行ったことになる。

 2017年9月27日、大阪地裁は医師免許を持たず客にタトゥーを施していた彫り師に対し、医師法違反の有罪判決を下したことは記憶に新しい。タトゥーは、医師の専門知識を持たないものが施せば、皮膚障害や色素によるアレルギー反応、ウィルス感染が生じる可能性があるとの見解を示した。つまり、タトゥーを施すことは、「保健衛生上の危害を生ずるおそれのある行為」に当たるため医学的知識と技能が必要不可欠」と考えられ、医師法が定める医療行為に当たると認めたのだ。

 司法の判断は、タトゥーは医療行為だとされた。では、医師の見解はどうだろうか。美容外科医・細井龍医師に話を聞いた。

「タトゥーを施すことは、医療行為としたほうが安全ではあると思います。まずは、何よりも感染症が懸念されます。清潔・不潔という医療常識が欠けていると、施術により皮膚感染症が起こる可能性があります。それよりも恐ろしいのは、血液媒介性感染症です。具体的にはB型肝炎、C型肝炎、梅毒、HIVなどの感染症は、器具の使い回しや不十分な滅菌により感染が拡大します。医療器具は、オートクレーブ(高圧蒸気滅菌)やEOS(酸化エチレンガス)滅菌を行いますが、そういった十分な滅菌ができていない状態で器具を使い回すと、血液媒介性感染が蔓延します」(細井医師)

 また、皮膚炎やアレルギーの問題も指摘する。

「インクによるアナフィラキシー(重篤なアレルギー反応)は、あまり聞いたことはありませんが、あり得なくはないので、もしそういったことが起きた場合、医療者でないと一命を取り留められないと思います。また、アレルギー性皮膚炎が起きる可能性もあり、医師であれば必要な処方を出し、増悪する前に加療することができます。ケロイド体質の人に対しては、もともとタトゥーを推奨しませんが、そういった知識が欠けていると問題になるケースが出てくるでしょう」(同)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング