もっとも高価な魚沼産コシヒカリが食味ランキングで陥落…つや姫とひとめぼれが逆転

Business Journal / 2018年9月19日 0時0分

写真

 新米(2018年産)が出回る時季になった。

 筆者の自宅近くのスーパーマーケットでは、宮崎産のコシヒカリの新米を5キロ1830円(税抜き)で販売していた。精米日は7月31日。夏真っ盛りに収穫、精米しているのだ。この先、四国、本州、北海道の新米が棚に並ぶのだろう。米好きにはたまらない季節である。台風の被害がないことを祈りたい。

 米の生産や消費の実情を調べてみた。

 家庭用と業務用を合わせた主食用米の生産量は、農水省のデータによると17年産は全国で730万6000トン。産地別の上位は、北海道・55万2200トン、新潟県・52万7600トン、秋田県・39万8900トン、茨城県・34万8600トン、宮城県・33万9700トンとなっている。2年ぶりに北海道が首位に返り咲いた。

 08年産の全国生産量は865万8000トン。産地別は、北海道・62万6600トン、新潟県・61万4400トン、秋田県・52万2500トン、福島県・43万5500トン、茨城県・41万300トンの順。

 生産量は10年間で135万2000トン減ったことになる。産地別では、この10年間で北海道が8回トップになっており、“米どころ”新潟県から盟主の座を奪っている。

 生産量の減少は、国民の「米離れ」の裏返しだ。1人当たりの年間消費量は、1962年の118キログラムをピークに減少傾向にあり、2006年には60キログラムを割り込んだ。16年は54.4キログラムと、ピーク時の半分以下に減ってしまった。主食用米の需要は1996年には950万トン近くあったが、2017年は750万トンを割り込んだ。外食を含めて日本人が米を食べなくなってきていることを数字が裏付けた。

●魚沼産コシヒカリの“格落ち”と北海道産米の健闘

 米というと、毎年話題になるのが「食味ランキング」の結果だ。日本穀物検定協会が「良質米作りの推進とコメの消費拡大に役立てるため」に1971年から実施している食味試験の結果をランキングにまとめたもの。

 17年産のランキングでは、最高ランクの「特A」に43点が選ばれたが、同時に驚く結果が出た。1989年から最高ランクの「特A」を維持し続けてきた魚沼産コシヒカリ(新潟県)が、次ランクの「A」に陥落してしまったのだ。天候不順が作柄に影響を与えた可能性を指摘する声も出ているが、一方で置賜産つや姫(山形県)、県北産にこまる(高知県)、西部産ひとめぼれ(大分県)などが、初めて「特A」を獲得した。全国各地でうまい米づくりが進み、米どころとしてもうかうかできなくなってきたということだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング