本庶佑氏、ノーベル賞受賞の秘密はクラシック・オーケストラでの経験

Business Journal / 2018年10月7日 0時0分

 今回、本庶氏のノーベル賞受賞の報に接して、3年前に同楽団の指揮をした際のプログラムを引っ張り出してきてメンバー表を見てみると、驚くことに気付きました。なんと、100名くらいいるメンバーの3分の2が、理系なんです。そのなかで医・薬学部は10名くらいいます。特になぜか管楽器パートは理系の占める割合が高く、楽器によってはほぼ理系で占められています。オーケストラは理系のサークル活動と言えることは確かです。

 実は、指揮者の僕も理数系が得意な中高生でした。今でも、医学系の論文などを読んだりするのが結構好きです。本庶氏のノーベル賞受賞研究の結果生まれた「オプシーボ」の作用を見ていると、作曲家の楽譜の一つひとつの音符を細胞と置き換えるならば、それそれが別個に作用し合い、ひとつの音楽が出来上がっていることと似たような感覚を持ちます。

 実際に、医学を学んだ後、世界的に有名になった指揮者もいるのです。たとえば、イタリアの指揮者ジュゼッペ・シノーポリや、イギリスのジェフリー・テイトなどは精神科医でした。彼らのつくり出す音楽は、それこそ音符を細胞レベルまで細分化し、つなぎ合わせてつくり出すような精密な音楽です。そして、反対に理系のノーベル賞受賞者が音楽にも造詣が深かった例として、アルベルト・アインシュタイン(物理学賞)、とアーノルド・シュヴァイツァー(平和賞)を挙げないわけにはいきません。

 まずは「相対性理論」を提唱したアインシュタイン。彼は「死とは、モーツァルトを聴けなくなることだ」と言ったくらいモーツァルトに造詣が深く、幼少の頃に始めたヴァイオリンの腕前もなかなかのものだったそうです。そういえば、2002年にノーベル物理学賞を受賞した小柴昌俊氏も「モーツァルトとアインシュタインを比べて、どちらが天才なのか?」とおっしゃるくらい、大変なモーツァルト好きです。

 ちなみに、小柴氏は「モーツァルトこそ稀有の天才。モーツァルトがいなければ、あのような天から降ってきたような音楽は生れないけれど、アインシュタインがいなくても、いつか誰かが相対性理論を発見するだろうから」と、茶目っ気たっぷりに持論を述べています。これには深い理由があり、「科学は音楽のようにひとりの天才が天啓を得て突然、創造するものでなく、それに先立つ多くの研究の積み重ねに成り立つ」と、続けています。

 一方、アフリカの奥地で、その死の瞬間まで人道活動を続けてきた、医師のシュヴァイツァー。実は、彼は若いころからオルガン奏者としても有名で、パリの音楽協会オルガニストを務めたくらいの腕前。有名な録音まで残っています。30歳になって「世のために尽くす」と医師を志した彼は、現在のアフリカのガボン共和国に病院を建設するために、ヨーロッパにたびたび帰国して、オルガン演奏で資金を調達していたのです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング