東京五輪、給与10分の1だった54年前の「輝きを再び」は幻想にすぎない

Business Journal / 2018年10月11日 23時0分

写真

「eスポーツ」が注目を集めている。要するにコンピュータゲームのことだ。先般インドネシアのジャカルタで開催されたアジア大会では、公開競技に組み込まれた。

 ジャカルタ大会では、カードゲームのコントラクトブリッジが正式競技種目に採用されたことも話題を呼んだ。かつてのアジア大会では、チェスが種目になったこともある。チェスとブリッジは2020年の東京オリンピック(以下、東京五輪)の追加種目にエントリーした実績を持つ、自称「五輪候補種目」でもある。

「コンピュータゲームにしろ、チェスやブリッジにしろ、スポーツの祭典である五輪に似つかわしくない」

 そんな声も耳にする。しかし、果たして五輪は「スポーツの祭典」なのか。実は、必ずしもそうではない。

 近代五輪の創立者であるピエール・ド・クーベルタンは、五輪を「スポーツと文化・芸術の祭典」と位置づけた。実際、1912年のストックホルム大会から1948年のロンドン大会まで、「ミューズの五種競技」と呼ばれた、建築、彫刻、絵画、文学、音楽が五輪の正式種目に採用されていた。ミューズとは、ギリシャ神話に出てくる文化をつかさどる女神さまのことだ。

 知っているようで、あまりよく知らない。よく知らないから、思い込みだけが先行してしまう。五輪には、そんなところが少なくない。

●思い込みが“ポスト五輪幻想”を生み出す

 2013年9月7日、当時のジャック・ロゲ国際オリンピック委員会(IOC)会長が告げた「ジャパン」の声に日本中が沸き返った。その熱狂の裏からも、五輪にまつわる「思い込み」が顔をのぞかせてくる。

 NHKの報道によると、五輪の第一の意義や目的は「国威発揚」だそうだ。「五輪を国威発揚の場として政治利用するのはナチスの発想だ」という批判はともかくとしても、こうした考えが五輪憲章と真逆であることは間違いない。だが、「五輪は国家間のメダル獲得競争ではない」というのは、あくまでもタテマエの話。メダルの数が多いほうがいいと考えるのは、素朴な国民感情だろう。

 もっといえば、五輪と国威発揚を結びつけてきたのはアドルフ・ヒトラーだけではない。五輪の目的として、NHKが国威発揚に次いで挙げた、国際的存在感の向上、経済発展、都市開発の促進。これらをひっくるめて、外に向けても内に向けても国の勢いを示すこととは、国威の発揚にほかならない。景気のいい話に欠ける今日、繁栄の夢をもう一度。そんな思いが、日本中を歓喜の渦へと導いたのだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング