ウェブでは「東洋経済」が「文春」を圧倒なのに雑誌では真逆になっている理由

Business Journal / 2018年10月17日 18時0分

写真

 ダウンロードしたものの、数回使っただけで休眠状態だったり、アンインストールしてしまったりしたアプリがある人も多いはずだ。テレビCMなどでは「数百万ダウンロード突破!」と威勢のいい言葉をよく聞くが、実際にどんなアプリがどの性年代にどのくらい使われ続けているのか。

 本連載では、ダウンロード数だけでは見えない「アプリの利用率」をモニターの利用動向から調べるサービス「App Ape」を提供しているフラーに、四半期ごとに人気アプリの実態について聞いている。

 今回も、同社のコンサルティング本部長の岡田雄伸氏に2018年第2四半期(4~6月)を中心にアプリの動向を聞いた。

●出版社系ニュースサイトのPVをABC協会が公開

――本連載では、四半期を象徴するアプリを岡田さんに紹介していただいています。今回はいかがでしょうか。

岡田雄伸氏(以下、岡田) まず、アプリではなくウェブサイトなのですが、アプリにも関連する興味深いデータの公開がありましたので紹介します。

「東洋経済オンライン」(東洋経済新報社)や「文春オンライン」(文藝春秋)など、出版社が運営しているニュースサイトは人気のあるものが多いですよね。第三者機関である一般社団法人日本ABC協会が各出版社系ウェブサイトのページビュー(PV)数などを公開することになり、2018年4~6月のデータが公開されました。

――ABC協会は、雑誌広告の売り手である出版社と、買い手である広告主、仲介する広告会社の3者で構成されており、第三者の立場で雑誌の部数を監査、発表する機構です。公開されたデータを見ると、「東洋経済オンライン」「文春オンライン」以外にも「AERA dot.」(朝日新聞出版)、「女性自身」(光文社)、「ニューズウィーク日本版オフィシャルサイト」(CCCメディアハウス)など、著名な雑誌が母体となっているサイトが多数入っています。

●ニュースアプリ最大の武器は「プッシュ通知」

――出版社系ウェブサイトだけでなく、今はニュースアプリもありますよね。

岡田 ニュースアプリでは「スマートニュース」「Yahoo!ニュース」「グノシー」「ニュースパス」などが有名ですね。ただ、ニュースサイトとニュースアプリではPV数を単純に比較できないんです。「1ユーザー当たりの価値」もアプリとウェブでは変わってきます。

――どういうことでしょうか。

岡田 「あのニュースの最新情報を知りたい」と思ったとき、パソコンの場合はブラウザを開いて関連ワードで検索すれば一発ですよね。一方、ニュースアプリは、まずは「Google Play」などのストアに行ってインストールしなくてはなりません。ユーザーにしてみれば、ハードルが高いですよね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング