新ドラマ『大恋愛』を現役女医が絶賛する理由…若年性認知症の兆候と患者の現実

Business Journal / 2018年10月20日 22時0分

 運送会社に勤め、ボロアパートに住む間宮真司(ムロツヨシ)に、猪突猛進に当たっていくさまは、「あり得るな~」と苦笑してしまいました。欲しいものはなりふり構わず手に入れるといった感じでしょうか。地位や名誉、稼ぎのいい男よりも、自分に夢やロマンを与えてくれる、そしてアップルパイを食べたことのないという、自分にとって新鮮な男に惹かれていく女医。

 真司がアップルパイを食べている姿を見る尚は可愛かった。尚は実家に住み、自宅兼クリニックを母と一緒に経営しているわけですから、お金にはまったく困ってないと予想できます。物質的な部分よりも、精神的なつながりが今後のドラマの見せ所なのでしょう。

 そして真司。いるな~、こういう人! 見た目と言葉使いが決してキレイではないのに、いい匂いがしてしまうと女は惹かれるのかもしれません。私だけでしょうか。

 第1話を見ただけで、こんなに「面白いな」と思ったドラマは久しぶりです。

 尚と真司の10年を語るドラマということなので、毎回の展開が早そうですね。初めて愛した人に対する尚の行動はどうなっていくのでしょうか。そして真司という人がどうやって尚を愛していくのかが楽しみです。尚は、もしかして認知症を発症したから、理性をなくして真司を愛してしまうのでしょうか。
(文=井上留美子/医師、松浦整形外科院長)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング