話題のJT若手研究員企画「kitoki」、謎のベール剥ぐ…一般発売しない新感覚デバイス

Business Journal / 2018年11月9日 22時0分

写真

 1日の仕事を集中してこなすうえで、リフレッシュは必要不可欠だ。例えばコーヒーを淹れたり、ちょっとした体操を行ったりと、誰もが自分なりのリフレッシュ方法を持っていることだろう。そんなリフレッシュのツールとして長年愛され続けているのが、たばこである。

 国内のたばこ最大手であるJT(日本たばこ産業)が7月30日に発表した「全国たばこ喫煙者率調査」によると、今年の男性の喫煙率は27.8%。それこそ昔はたばこを吸いながらモーレツに働くビジネスパーソンが多かったろうが、近年は世界的に禁煙化が進んでいることもあってか、喫煙率は年々減少している。

 そんななか、機器などの開発や製造を手掛けるメーカー「スタッフ」が、JTのたばこの研究データを基に開発した、新感覚のリフレッシュデバイス「kitoki(キトキ)」が今、注目を集めている。

 「スタッフ」がJTとデザインスタジオの「we+」と共同で開発した本製品。クラウドファンディングにて資金集めを行ったところ、開始からわずか50分で目標金額の100万円に到達したのだという。その後も支援者は増加し続けており、9月12日の時点で、988万7400円を集めているのだ。

 これほどまでに注目を集めるkitokiとは、いったいどのようなデバイスなのだろうか。企画プロデュースを行ったJTに話を聞いた。

●喫煙の“深呼吸”と“消火”を再現し、3分間リフレッシュ

 kitokiは新感覚リフレッシュデバイスとのことだが、どのように使用するものなのだろうか。

「弊社が行っているたばこ研究からは、喫煙時に深呼吸をすることで精神性の発汗が減少し、その後たばこの火をもみ消すことで精神性発汗が微増する、というデータが得られています。そこから『喫煙のために深呼吸を繰り返すことで心身がリラックスし、その後火を消す動作によって心身が小覚醒する』と仮説を立てており、これを『リフレッシュ効果仮説』と呼んでおります。このリフレッシュ効果を再現することで、手軽かつクリーンなリフレッシュを行えるデバイスとして企画されたのがkitokiです。

 使用方法は、kitokiの本体を片手で持ちながら吸い口をくわえ、深呼吸を何度か繰り返すだけ。心身が十分にリラックスしたらkitokiが振動して小覚醒を促しますので、それでリフレッシュは完了となります。一連の動作は約3分程度で行えますので、仕事や移動の合間などに使用することで、仕事の生産性やクリエイティビティの向上が期待できます」

ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング