スーツ大手3社が赤字転落で壊滅状態に…AOKI、漫画喫茶などカフェ事業拡大で生き残り図る

Business Journal / 2018年11月20日 8時0分

 AOKIの場合、本業以外の事業はどれも比較的順調だ。前述の事業群に関していえば、10年代に入ってからは、通期ベースで営業赤字を出した事業はない。青山商事と比べて安定しているといえるだろう。

 特に成長著しいのが、複合カフェ事業だ。漫画喫茶「快活CLUB」を展開している。03年に1号店を出店し、その後、店舗数を急速に増やしていった。18年9月末時点で同事業の店舗数は359店にもなり、業界最大の店舗数を誇っている。快活CLUBはバリ島の高級ホテルをイメージしているのが特徴だ。近年は女性専用エリアを充実させるなど、女性客の開拓に力を入れている。事業業績は好調で、18年3月期は売上高が前期比12.8%増の341億円で、ファッション事業に次ぐ規模となった。営業利益は9.4%増の20億円を叩き出している。18年4〜9月期も好調で、売上高は前年同期比6.4%増の183億円、営業利益は59.0%増の17億円だった。

 ファッション事業以外は、どの事業も大きな問題があるわけではないが、予断を許さない状況に変わりはない。ブライダル事業は婚姻件数の減少や地味婚の拡大といった要因により先細りが懸念される。カラオケ事業は主力顧客の若年層の人口減により苦戦が予想される。慎重な運営が必要といえそうだ。

 コナカは、スーツを軸としたファッション事業のほか、とんかつ店「かつや」や、からあげ専門店「からやま」などを運営するフードサービス事業、学童保育「キッズデュオ」などを運営する教育事業を手がけている。どちらの事業も急成長しているが、規模はまだまだ小さく、収益の柱となるのはこれからとなる。

 大手3社とも、スーツのてこ入れに加え、第2、第3の事業の育成に力を入れている。多方面に注力しなければならず、難しい舵とりを迫られそうだ。
(文=佐藤昌司/店舗経営コンサルタント)

●佐藤昌司 店舗経営コンサルタント。立教大学社会学部卒。12年間大手アパレル会社に従事。現在は株式会社クリエイションコンサルティング代表取締役社長。企業研修講師。セミナー講師。店舗型ビジネスの専門家。集客・売上拡大・人材育成のコンサルティング業務を提供。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング