【NGT山口真帆暴行】指原莉乃ら現・元メンバー、AKB運営元を一斉に批判…ファンにも波紋

Business Journal / 2019年1月12日 18時0分

写真

 芸能界を揺るがしている、NGT48・山口真帆による暴行被害の告白。山口が訴えていた「メンバーの事件関与」を運営側が認め、AKB48グループの関係者からも悲痛な声が相次ぐなど、騒動は拡大の一途をたどっている。

 山口は1月8日から9日にかけて、動画配信サイトやツイッターを通じて、12月に自宅前で男性2人から顔をつかまれるなどの暴行被害を受けたことを告白した。当該事件では男2人が逮捕されたものの不起訴処分となったほか、山口は複数のメンバーが事件に関与していることを示唆していた。一方の運営側は、山口自らが語るまで事件を公表せず、事件発覚後もメンバーの関与を否定していた。

 渦中の山口は10日に新潟県新潟市のNGT48劇場で行われた「NGT48劇場三周年記念スペシャル公演」に登場し、「お騒がせしてしまい、誠に申し訳ありません」「お世話になった方にも迷惑をかけるかたちになったこと、本当に申し訳なく思っています」と謝罪した。終演後には運営会社のAKSも声明を発表し、そのなかで「メンバーの関連性においては、メンバーの1名が、男から道で声をかけられ、山口真帆の自宅は知らないものの、推測出来るような帰宅時間を伝えてしまったことを確認しました」とメンバーの関与を認めている。

 また、逮捕された2人を含む男性3人について「グループ内での公演、握手会、イベント等へは一切参加できない対応をしております」と事実上の出入り禁止処分を下したことを明らかにした。さらに、再発防止策として「全グループメンバーへの防犯ベルの支給、各自宅への巡回等の対策を徹底する」と表明している。

 しかし、運営よりも先に被害者が事件を公にし、さらに謝罪するという事態には内外から批判の声が続出している。

 元NGT48リーダーで女優の北原里英は、山口の謝罪を受けてツイッターを更新。グループを卒業しているので何かを言う資格はないとした上で、「あなたは謝るべきではありません!謝らないで。悪いことしてないです」「こんなの変でしょ?絶対に間違ってる。もう本当に悲しい」と悔しさをにじませた。

 また、HKT48の指原莉乃も自身の思いを4回にわたってツイートし、「ここまで大きな事件を彼女に謝らせる運営だとは思いたくない」「そこで謝らなくていいんだよ!と言えるスタッフがいなかったこともどうかと思います」「現状のままで応援してもらえるわけがないし、そんなこと思っているスタッフはいないと信じたいけど、このままで応援してもらおう!というのはおかしい」と運営サイドを痛烈に批判している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング