映画『十二人の死にたい子どもたち』じわりヒットの理由…『カメ止め』現象再来なるか?

Business Journal / 2019年2月16日 19時0分

写真

 1月25日に公開された映画『十二人の死にたい子どもたち』が、公開3日間で興行収入3億円を突破。昨年スマッシュヒットをしたサスペンス映画『スマホを落としただけなのに』の同記録を超え、2月14日時点で興収12億円を突破する好調ぶりをみせている。 

 ヒットの秘密はどこにあるのか。映画業界関係者のA氏とB氏に話を聞いた。

「話が非常にわかりやすいというのは、あるでしょう。予告を観ただけで、安楽死を求めた少年少女たちが廃病院に集まる話だということがわかる。強い原作に、若手としては豪華なキャスティングがはまったということだと思います」(A氏)

「売れる理由は、明快です。原作者の冲方丁さんは、ライトノベルからSF小説まで手がけてきたエンタメ作家で、今回の原作『十二人の死にたい子どもたち』(文藝春秋)は2016年に直木賞にノミネートされています。監督の堤幸彦さんは映画もテレビドラマもたくさんつくっていて、『ケイゾク』『TRICK』などは、皆好きですよね。

 廃病院の中ですべてが進んでいくということで、古くはレジナルド・ローズ原作の映画『十二人の怒れる男』、アガサ・クリスティ原作でテレビドラマにもなった『そして誰もいなくなった』、アレクサンドル・クールテ監督の『ザ・インシデント』、日本映画だと深作欣二監督の『バトル・ロワイアル』などと同じく、クローズド・サークルの物語ですよね。『十二人の死にたい子どもたち』は12人のはずが、もうひとりいたということで、アニメ映画やドラマになった萩尾望都原作のマンガ『11人いる!』(小学館)も思い起こされます。大衆的なエンタメ作品として、絶対におもしろいだろうなと予感させるわけです。

 キャストも豪華ですが、昨年9月に映画化が発表された際には、全員の顔が塗りつぶされたティザービジュアルで、出演者は明かされませんでした。11月にモザイクが外され11人の出演者はわかりましたが、映画本編でも途中まで顔を明かさないリョウコ役の橋本環奈が、12月23日まで伏せられてました。彼女が一番人気があるわけで、『えー、いったい誰が出るんだろう?』みたいな感じで、期待感を煽ったキャンペーンが当たったのが、滑り出しの好調の理由だと思います」(B氏)

●劇場はすごい熱気

 登場するのは高校生、演じるのは17歳から23歳。橋本環奈をはじめ、杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜、吉川愛、萩原利久、渕野右登、坂東龍汰、古川琴音、竹内愛紗と、若者に人気の俳優が揃っている。学園バイオレンスの『バトル・ロワイヤル』にしても、教師役でビートたけしが出演していたが、役者がすべて10代後半から20代前半というのも、この映画の特徴だろう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング