首都直下地震と南海トラフ巨大地震、要警戒レベルに…半割れケースなら想定死者数32万人

Business Journal / 2019年5月11日 19時0分

写真

 東日本大震災から8年――。地震・津波の調査・研究が深まり、全国各地で防災対策が進んできた。なかでも注目されるのが、巨大地震の30年内の発生確率が高いとされる、南海トラフと首都直下地震への対応だ。

 日本世論調査協会が2月に実施した全国世論調査によると、居住地域で地震や豪雨といった自然災害に遭う恐れを感じている人は77%に上る。2年前の調査結果より15ポイントも上昇した。

 危機意識が深まった背景には、昨年夏の西日本豪雨や北海道地震などの発生と共に、災害予測に関する最新調査報告が相次いで発表されたことがある。特に“要警戒”が、南海トラフ地震と首都直下地震である。マグニチュード(M)8~9級の巨大地震となれば、おびただしい数の犠牲者が出る可能性が高まる。東日本大震災では、平安時代に起こったM8級の貞観(じょうがん)地震に伴う津波の前例が顧みられずに、被害を巨大化した。

 南海トラフ巨大地震が起こる可能性は「30年内に70~80%」(中央防災会議)とみられている。過去にM8級地震が繰り返し発生したためだ。最後に発生した昭和南海地震(M8)は1946年。その前の安政地震から92年後に発生し、それまでの100~200年程度の周期より間隔が短くなった。過去のケースでは、何度も震源域の東西で間隔をおいて地震が連続発生している。初回から7日以内に発生する頻度は十数回に1回程度に上る。

 特に被害を大きくしそうなのが「半割れケース」だ。震源域の岩盤の半分が割れて地震を起こす。中央防災会議は昨年12月の報告で、M8以上の半割れ型地震が南海トラフの東側で発生した場合、西側も連動して甚大な被害をもたらす恐れがある、と警告した(図表1)。対策を取らなければ、想定される被害は死者約32万3000人にも上るという。

 政府は3月、南海トラフ地震が発生する可能性が高いと判断された際に自治体や企業が取るべき防災対応の指針を公表した。巨大地震の予兆の可能性を観測すると、気象庁が「臨時情報」を出す。危険な半割れケースでは、地震がまだ発生していない半分側の地域にも1週間の避難勧告を発令する、などを求めた。

 防災対応を進める和歌山県は、とりわけ津波の危険性を重視する。紀伊半島南端の串本町ではM9.1の巨大地震に襲われた場合、「最大津波高17メートル、津波高1メートル到達時間3分」と試算。防災インフラの整備に加え、来たら「逃げ切る」を強調する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング