折りたたみスマホ、サムスンは不具合多発で発売延期だが、日本勢は開発する余力すらなし

Business Journal / 2019年5月15日 7時0分

写真

 日々トレンドが移り変わるモバイル端末市場で、新たな技術を導入したスマートフォン(スマホ)が話題を呼んでいる。それが端末を二つ折りにできる折りたたみ式スマホの“フォルダブルスマホ”だ。

 今年2月末にスペインで開催されたモバイル業界最大のイベント「MWC 19 Barcelona」にて、韓国サムスンや中国ファーウェイなど多くの有名メーカーが、このフォルダブルスマホを発表してから3カ月。サムスンの「ギャラクシーフォールド」は折りたたむ部分の画面に不具合の報告が多発したためアメリカでの発売が延期されたが、ファーウェイの「Mate X」は7月に発売予定となっており、業界関係者やガジェットファンから熱い視線が送られている。

 このフォルダブルスマホはどんなところが革新的なのか。ケータイジャーナリストの石野純也氏に解説してもらった。

●約29万円という価格帯が普及のネック

「折りたたみスマホ自体は、NTTドコモの2画面スマホ『M』シリーズなど以前からありましたが、かつての端末は2枚のディスプレイをつなぎ合わせただけだったので、折り目のヒンジ部分には映像が表示できませんでした。ですが、ギャラクシーフォールドなどの新たなフォルダブルスマホはディスプレイに有機ELを採用しており、ディスプレイそのものを曲げられるという革新的なもの。ガジェットファンも、この未来っぽい、SF感がある新技術にインパクトを感じて食いついている印象ですね」(石野氏)

 さらに、ファーウェイのMate Xは、開けば8インチの正方形に近いディスプレイサイズとなるなど、今までのスマホよりも数まわり画面が大きくなるのも特徴。電車内など移動中に動画を見る人が多くなった今、ひとつの端末でスマホとタブレットの両方として使えるのが一般層からすると大きな魅力といえる。

 ただし、問題なのはその価格。現時点での予定価格は、ギャラクシーフォールドが1980ドル(約22万円)、Mate Xにいたっては2299ユーロ(約29万円)と、お世辞にもお手頃とはいいがたい。これでは一般層向けというよりは富裕層の道楽ツールで終わってしまうことも十分考えられる。

「確かに今の価格帯では、かなりのガジェット好きでも手を出しづらいのは事実。ですが、新しい技術というのは時間とともに安くなっていくもの。折りたたみの技術は特殊ですし、一般的なスマートフォン並みに値段が安くなるのには相当時間がかかるものの、量産体制が整いさえすれば10数万円のハイエンドスマホくらいには価格が落ちることも考えられる。それなら米アップルのiPhoneの新作とそう変わりませんし、その価格帯で売ることができれば今後のモバイル市場のメインストリームになるでしょう」(石野氏)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング