丸山穂高議員、永田町で有名だった“酒乱”伝説…東大卒イケメン元官僚の転落

Business Journal / 2019年5月16日 19時0分

写真

 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。

 ゴールデンウィークも終わってしまいましたね。国会議員は連休や年末年始は地元に帰ったり海外に出たりして、真面目な議員ほどあまりのんびりできない感じです。今年は選挙のゆくえが気になって、さらに落ち着きません。

 解散総選挙があるのかないのか。解散したら、参議院議員選挙とのダブル選挙になるのか。永田町は、この話でもちきりです。6月26日の国会閉会日までに、与野党間ではどんな駆け引きが繰り返されるのでしょう。

●目撃されていた丸山穂高議員の飲酒姿

 今回は、選挙のゆくえや、衆議院での閣法(政府提出法案)の審議がほとんど終わった国会で議員立法(衆議院議員または参議院議員提出法案)の「吊るし」(法案を委員会に付託せずに放置している状態)がどうなるか……といったことなどについて書こうと思っていたのですが、すごいニュースが飛び込んできました。

 丸山穂高衆議院議員の「戦争で北方領土奪還」発言です。報道によると、5月11日夜、北方領土へのビザなし交流訪問団に同行していた丸山議員が、国後島の宿舎で酒に酔った状態で元島民の団長に「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか? 反対ですか?」と質問したり、大声で騒いだりしたそうです。

 報道を見る限り、明らかに議員辞職に値する失言です。「戦争」という言葉を軽々しく使うべきではないですよね。この発言をめぐっては、ロシア上院のコンスタンチン・コサチョフ委員長から「日露関係の流れのなかでもっともひどい発言」と批判され、菅義偉内閣官房長官も「誠に遺憾。政府の立場とまったく異なる」と不快感を示しています。

 各方面から批判を受けた丸山議員は、最初こそ居直っていましたが、その後に撤回・謝罪して、所属していた日本維新の会に離党届を出しています。これに対して、松井一郎代表は離党届を受理せず、「議員辞職すべきだ」とコメント。14日の常任役員会で丸山議員は除名処分となりました。

 実は、神澤は丸山議員を評価していました。東大卒で元経済産業省のイケメンということもありますが、北海道の水資源保護や竹島など領土問題の解決に奔走する姿を見ていたからです。委員会での質問も切れ味がよく、これからの日本を背負う若手議員のひとりとして、陰ながら応援していました。

 ただ、丸山議員はお酒にのまれてしまうという欠点がありました。酒癖が悪いんですね。2015年にも酔ってケンカ騒動を起こし断酒宣言をしていたのですが、前回の総選挙前くらいから「丸山議員がひとりで居酒屋にいた」といった目撃情報が複数あり、「お酒、また飲んでるのかな? 大丈夫かな?」と心配していました。また、17年に橋下徹元大阪市長とツイッターでバトルになり、橋下氏を激怒させたときも酔っていたそうです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング