『白衣の戦士!』久々の看護師コメディに厳しい声が相次ぐ理由…致命的な問題点とは

Business Journal / 2019年5月16日 21時0分

写真

 放送前から「『ナースのお仕事』(フジテレビ系)そのまんま!」という声が飛び交い、スタート後には、さらに過熱。CMクイーンである中条あやみの初主演ドラマとして期待値の高かった『白衣の戦士!』(日本テレビ系)が、中盤に差し掛かってなお、人々の厳しい声にさらされている。

『ナースのお仕事』の最終シリーズが2002年だったことを踏まえると、「そろそろ同じ看護師コメディがあってもいいのでは」と考えても不思議ではないだけに、制作サイドとしては「これほどの厳しい声は想定外だった」と感じているのではないか。

 ただ、視聴者から批判されているのは、「『白衣の戦士!』が『ナースのお仕事』に似ているから」ではなく、「『ナースのお仕事』放送開始の頃よりも古いのでは?」と思わせる感覚の脚本・演出だろう。

●物語を分断するインサートカット

 初回のファーストシーンは、ヒロインの立花はるか(中条あやみ)が廊下を走り回り、水を床にぶちまけて、指導係の先輩看護師・三原夏美(水川あさみ)から「立花さーん!」と説教されるというものだった。

 そのドジとドタバタは放送が進んでもやむ気配がなく、仕事中に加えて、はるかと斎藤光(小瀧望)、夏美と本城昭之(沢村一樹)の恋愛シーンにもおよんでいる。たとえば、5月8日に放送された4話では、斎藤に「お前しかいないんだよ」と言われて部屋に連れていかれたはるかが、「私にも心の準備が~」と動揺していると、「ゴキブリ退治の依頼だった」というオチ。

 あるいは、本城から「好きな人とかいるのかな?」と声をかけられた夏美は、「いきなりそんなストレートな」と戸惑うが、「(娘は)16歳だと普通、彼氏とかいるのかな。どう思う?」と言われてガクッと崩れ落ちるシーンがあった。

 それ以外にも、斎藤と食事しているはるかのごはんが丼にてんこ盛りで、レモンサワーが巨大メガジョッキ。外科医の柳楽圭一郎(安田顕)が看護師たちに妄想を語りかけるが誰も聞いていなかったなど、昭和のコントを思わせるシーンが続いた。

 極めつけは、不意に差し込まれるインサートカット。全面ピンクの部屋で「キタ! キタ! キター!」と喜び、全面ブルーの部屋で「アイツだけはナイ! ナイ! ナイ!」と拒否するなど、心の声を映像化していたのだ。

 これ以外にも、「私、何気にしてんだろう?」「なんで私、ホッとしてんだ?」「デートじゃん!?」「まさかこれって恋?」「よっしゃー!」と視聴者に話しかけるカットをはさむなど、あえて物語を分断するような演出を多用している。その笑いは、まるで加藤茶が視聴者に「ちょっとだけよ」と呼びかけるようなものだった。これを何度も要求される中条と水川が気の毒に見えてしまうのだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング