日産デイズ&三菱eKシリーズがスズキ・ワゴンRに“劣る点”とは

Business Journal / 2019年6月12日 6時0分

写真

●どんなクルマなのか?

 日産自動車「デイズ」&三菱自動車「eK」シリーズは、日産と三菱が共同で開発した軽自動車です。両車とも基本部分を共通化した姉妹車になります。全高が1600~1700mmに収まるため、ライバル車はスズキ「ワゴンR」やダイハツ工業「ムーヴ」です。

 現行型は2019年3月に登場したので、軽自動車の中でも設計が新しいです。特に緊急自動ブレーキを作動できる安全装備と運転支援機能が先進的で、注目を集めています。

●人気を得ている理由

 今は軽自動車の人気が高く、新車として売られるクルマの40%近くを占めます。この中でも、全高が1600mmを超える背の高い車種が軽乗用車全体の約80%に達します。従って、デイズ&eKシリーズは売れ筋カテゴリーに属するわけです。

 三菱ブランドの「eKクロス」は、フロントマスクをSUV風に仕上げ、三菱の「デリカD:5」や「エクリプスクロス」に似たデザインにしました。デイズとは違う、SUVの三菱らしい特徴を持たせています。

●気になる8つのポイントチェック&星取り採点

(1)居住空間の広さとシートの座り心地

★★★☆☆

 車内は広く、前後席ともに頭上と足元には十分な空間があります。座り心地は前席は快適ですが、後席は悪いです。

(2)荷物の積みやすさとシートアレンジ

★★★☆☆

 荷室は広いですが、後席の前後スライドは左右一体式で独立していません。シートアレンジが不満です。

(3)視界や小回り性能など運転のしやすさ

★★★★☆

 ななめ後方の視界は今一歩ですが、前方は見やすいです。最小回転半径も4.5mに収まり、運転しやすいです。

(4)加速力やカーブを曲がるときの安定性

★★★☆☆

 ノーマルエンジンも実用回転域の駆動力に余裕があり、加速力に不満はないです。背が高いわりに安定しています。

(5)乗り心地と内装の質感などの快適性

★★★★☆

 乗り心地は低速域では硬めですが、軽自動車では優れた部類に入ります。内装の質も小型車と同等に高いです。

(6)燃費性能とエコカー減税

★★★★☆

 デイズ・ハイウェイスターXプロパイロットエディションのJC08モード燃費は28.6km/Lで、エコカー減税車です。

(7)安全装備の充実度

★★★★★

 歩行者も検知できる緊急自動ブレーキと、車間距離を自動制御できるクルーズコントロールなどが備わります。

(8)価格の割安感

★★★★☆

 車間距離を自動制御できるクルーズコントロール、マイルドハイブリッドなどを備えるわりに価格は安いです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング