東京-大阪が片道1400円!深夜バスが驚くほど快適、寝てたらすぐ到着

Business Journal / 2019年6月16日 11時0分

写真

 4月中旬、筆者は所用で大阪に行くことになった。いつもなら新幹線で行くのだが、急ぐ用ではなかったので、前から気になっていた深夜バスの利用を思い立った。

 さっそくインターネットの比較サイトで検索すると、多くのバス便が見つかった。大手から中小まで、さまざまな業者が参入している。そのなかから、ある会社のサイトにたどりついた。朝9時ごろ大阪に着く便を探し、バスタ新宿24時発で大阪・梅田8時45分着の便に決めた。

 料金は大人1人・1400円である。座席は4列シートの「スタンダードプラス」タイプ。前列とのシート間隔は70cmで、リクライニングは最大角120度となっている。座席ごとにコンセントが付いているので、スマホの充電も心配なし。Wi-Fi完備。ひざかけ、耳栓も用意されている。9時間近くの長旅だが、寝てしまえばなんのことはない。さっそくネットで予約した。

 当日、発車時刻の30分ほど前にバスタ新宿に着いた。深夜なのに結構、人がいる。旅行者、出張族、外国人グループなど雑多。意外にも若い女性が多いことに驚く。友人と一緒なら深夜バスにも抵抗ないのだろうか。

 案内板には全国各地に向かうバス便の発車時刻が掲示されている。仙台、山形、名古屋、大阪、富山・金沢など。発車時刻が迫りバス乗り場に向かう。各地に向かうバスが次々と発車していく。

 大阪行きのバスがやって来た。係員に予約番号と名前を告げると、シート番号を案内される。前列から4番目の通路側。車内はほぼ満席。異性同士が隣り合わせにならないよう、バス会社がうまく組み合わせている。乗客は男女半々、20代、30代の若者が多い。筆者の隣も20代の男子学生風だった。発車前に途中の休憩場所や到着時刻の案内などがある。車内は禁酒・禁煙だ。

 バスは定刻通りに発車。ドライバーは2人態勢。窓のカーテンはすべて閉められ、運転席と通路の部分にもカーテンがかけられるので、外の光は入ってこない。足元はやや窮屈だが、通路に足を出せば伸ばすことができる。30分ほどで横浜に到着し、ここからの乗客を拾う。

 その後、バスは高速道路を順調に走行。車内の照明が落とされ、睡眠タイムに突入だ。乗車前に寝酒を引っ掛けてきたので、すぐに寝入ってしまった。

 大阪までの途中、海老名SA、遠州森町PAなど3カ所で20分ほどの休憩を取る。この休憩タイムにトイレを済ませ、屋外でストレッチをする。狭いバス空間から解放される、“のびのびタイム”だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング