『あなたの番です』主役(原田知世)死去の“恐怖展開”すぎて精神的ショック受ける人続出

Business Journal / 2019年6月18日 20時0分

写真

 原田知世と田中圭がW主演を務める連続ドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)が6月16日に第10話(第1章最終話)を迎え、平均視聴率は7.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だった。

 日テレで25年ぶりに2クール連続放送される同ドラマは、引っ越し先のマンションで幸せな新婚生活を送るはずだった手塚菜奈(原田)と翔太(田中)が、殺人事件に巻き込まれていくというミステリー作品。現時点では初回の8.3%が自己ベストとなっており、前週第9話で8.0%をマークしていたものの、今回はそこから0.1ポイント後退した。

 悪夢の始まりは、菜奈を含む住民会参加者の間で“殺してほしい人”の名前を紙に記入し、クジのように引き合うという悪趣味な遊びを行ったこと。以降、紙に書かれた人が次々と亡くなってしまい、住民たちは「交換殺人ゲーム」が繰り広げられているのではないか……と恐怖に駆られていた。菜奈&翔太は事件を食い止めようと真相解明の手がかりを捜していたなか、402号室の榎本正志(阪田マサノブ)・早苗(木村多江)夫妻を怪しむように。結局、翔太は第9話のラストで榎本家の隠し部屋に監禁されてしまう。

 第10話で目を覚ました翔太は、先に監禁されていた202号室の黒島沙和(元乃木坂46・西野七瀬)と見知らぬ少年(荒木飛羽)に話を聞く。少年の正体は榎本夫妻の息子・総一。いじめ問題で心を病んだ早苗の意向により、ダンボール箱に隠された状態で3年前に引っ越してきたという。一方、翔太の失踪に気づいた菜奈が榎本家を訪ねるも、早苗は何食わぬ顔で「一緒に捜す」と申し出た。その後、警視庁すみだ署生活安全課に務める正志に相談し、正志は自分が上層部につなげると話したが、菜奈が提出した捜索願をコッソリと破棄。

 正志と早苗は総一の存在を知った翔太と沙和を殺すことにし、すみだ署の刑事・神谷将人(浅香航大)を呼び出して協力を要請。3人がまず、沙和を空き部屋の303号室に運んでいる間、菜奈は402号室を訪れて翔太と総一を発見した。そこへ早苗が戻ってきてしまい、ハンドミキサーを持って襲いかかってくる彼女から逃げる菜奈だったが、外の駐車場で捕まってしまう。異変に気づいてマンションの住民たちが集まってきたため、早苗はより興奮して半狂乱に。そんな早苗を思い止まらせたのは、総一の命がけの行動だった。

 しかし、そのとき、総一がマンションのベランダから転落してしまい、受け止めた翔太がケガを負って入院。目を覚まして新聞を読むと、早苗は殺人未遂の現行犯で逮捕されたという。また、翔太は看護師から「奥さんがつきっきりで看病していた」と聞かされ、一刻も早く菜奈に会うために病院を抜け出し、自宅へ。ところが、帰宅した翔太が寝室で目にしたのは、すでに死んだ菜奈の姿だった……。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング