格安スマホ、真の実力を検証 ネットのヘビーユーザーにはNG、通話料はドコモ並みで割高

Business Journal / 2014年8月13日 14時0分

写真

 “LCCスマホ”こと格安スマートフォン(スマホ)がイオンやビックカメラなどから発売され、話題を集めているのは、当サイト記事『格安スマホ、人気の理由と弱点 高価格維持の大手キャリアの牙城崩す可能性は?』でもお伝えした通りだ。

 イオンが日本通信のSIMカードとLGエレクトロニクスの「Nexus 4」をセットにして4月4日より販売したLCCスマホは、端末料金、データ通信、音声通信の基本コストすべて合わせて月額2980円というリーズナブルな価格で人気を集め、8000台限定で発売するやいなや各地で売り切れが続出。

 追随するようにビックカメラが、仮想移動体通信事業者(MVNO)のひとつであるインターネットイニシアティブ(IIJ)のSIMカードとコヴィア製の3G対応機「FleaPhone CP-F03a」を4月14日よりセット販売し、1000台限定ながらイオンを下回る月額2830円で提供。こちらは月に通信量1GBまでであれば通信速度が14.4Mbpsで使え、1GBの容量を超えると200kbpsに制限されるというもの。

 一見、価格が安く通信速度面でも優位なビックカメラに軍配が上がりそうだが、セットとなっているスマホがイオンよりもスペック面でだいぶ劣るため、2社のLCCスマホは甲乙つけがたい印象だ。

 いずれにしても、イオンやビックカメラのほかにも、関西電力系通信会社のケイ・オプティコムや家電量販店のエディオンが参入しており、ヨドバシカメラも参入予定となっているので、LCCスマホ市場が活況化しているのは事実である。

●動画再生はムリ

 従来のスマホは月額料金が基本料だけでも7000円以上かかることが大半で、LCCスマホはそのウィークポイントを見事に拭い去っているわけだが、もちろんデメリットもある。LCCスマホに興味はあるが躊躇しているという人の多くは、おそらく通信速度が200kbps前後とかなり遅いことをネックに感じているのだろう。3大キャリアのLTEであれば受信時最大150Mbpsを誇り、単純計算なら通信速度は750分の1。文字通り桁違いとなってしまっているのだ。

 実際、LCCスマホのユーザーからは、インターネット上で厳しい声が上がっている。

「数分の動画を開くまで十数分待ち。ストリーミング再生はムリ」
「LINEでサイズが大きい画像を開こうとしたら10秒以上かかった」
「そもそもYouTubeやAmazonのトップページを開くだけでも5~8秒ぐらい余裕で待たされる」
「動画や画像がはめ込んである今どきのサイトはサクサク見られないと思ったほうがいい」

ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング