森永チョコボール、エンゼルの当たる確率は企業秘密?見分ける方法?森永さんに聞いた

Business Journal / 2014年8月17日 14時0分

写真

 この連載企画『だから直接聞いてみた for ビジネス』では、知ってトクもしなければ、自慢もできない、だけど気になって眠れない、世にはびこる難問奇問(?)を、当事者である企業さんに直撃取材して解決します。今回は放送作家の鮫肌文殊氏が、超ロングセラー商品である森永チョコボールの、「エンゼルマーク」に関する疑問について迫ります。

【今回ご回答いただいた企業】
森永製菓 様

 森永のチョコボールが好きである。

 昔、お笑いコンビ・とんねるずが「クエックエックエー、チョコボール」と歌うテレビCMを流していた超定番ロングセラー商品、森永チョコボール。

「カカオが多い」「ポリフェノールが多い」など、本格志向が主流となっている現在のチョコレート業界において、子供の頃から口にしてきたあの「駄菓子的で安いもの感漂うチョコの味」がたまらない。ホッとする甘さなのだ。

 近所のスーパーでも、よく売り切れていたりする。きっと、私と同じ年代のチョコボールで育った客が大人買いしていたりするに違いない。

 しかし、こんなに好きなチョコボールにも、ひとつ解せないことがある。

 そう、箱の一部に印刷されている「金のエンゼル」と「銀のエンゼル」だ。金のエンゼルなら1枚、銀のエンゼルなら5枚を集めると「おもちゃのカンヅメ」がもらえるというもので、今はチョコボールのキャラクターであるキョロちゃんの「キョロちゃんズ缶」がもらえるようになっているらしい。

 いったい、これまで何百箱買っただろうか。はじめは全然意識していなかったのだが、ある日、たまたま「銀のエンゼル」が出てきてから「これはひょっとしてエンゼルを集められるのではないだろうか」と思うようになった。

 それから、買うごとにドキドキしながら開封して「くちばし」と呼ばれる部分を見ているのだが、買っても買ってもハズレ続き。「金のエンゼル」どころか「銀のエンゼル」さえ出てきやしない。

 それでも「エンゼル探し」を意識し始めてから2年余り、なんとか「銀のエンゼル」4枚までは集めた。しかし、あと1枚がどうしても出てこない。

 今回の疑問。エンゼルは、それぞれどのくらいの確率で入っているのだろうか? そこで直接、森永製菓様に聞いてみた。

「チョコボールの『金のエンゼル』と『銀のエンゼル』がまったく当たらないのですが、当たる確率は、どのくらいなのですか?」

担当者 たくさん買っていただいているのに、なかなか金が出ないとのことで、申し訳ありません。実は、確率をご案内することはできないのです。法律に基づいて限度内で入れています。直接弊社が関わってはいないのですが、以前あるテレビ番組で検証された際、チョコボールを1000個購入して調べたところ、金が2枚、銀が37枚という結果が出ておりました。あくまでその時の結果なので、いつも同じ確率だとは申し上げられないのですが、ご参考になりますでしょうか。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング