頭打ちのスマホ市場、サムスンが“異質の進化”もたらす?カメラ、決済機能を劇的に向上

Business Journal / 2014年8月22日 14時0分

写真

 先進国ではスマートフォン(スマホ)の普及が進み、機能面においても必要十分なレベルに達した感もあり、今後は爆発的な市場開拓は難しいだろうとの予測が増える中、サムスン電子が新機種GALAXY S5を発売した。

 このGALAXY S5は、前機種GALAXY S4からどのような進化を遂げ、スマホの未来にどんな提案をしているのだろうか?

 今までは強力なハイスペックを売りにしてきたGALAXYシリーズだが、今回はやや異なる方向性を見せている。

 まず、ディスプレイ表示は極めて美しい。ディスプレイサイズがS4の5インチから5.1インチへと0.1インチ大きくなっただけだが、明度や精細さが非常にアップしており、発色もより自然な印象だ。ボディは背面に凹凸を付けることですべり止め効果を出している点が特徴的だ。

 CPUはクアルコムのSnapdragon 801を搭載しており、これはS4で搭載していたSnapdragon 600の後継で、操作感はよりスムーズになっている。

 注目したいのは、S5ではカメラにおいて「位相差フォーカス」機能を搭載することで、以前のコントラストAFに比べて格段に高速化されている。位相差フォーカスは、レンズを動かさずにピントを合わせるため、高速化できる半面、小型化が難しいとされてきた。ちなみに、どのぐらい高速化されているかというと、サムスン関係者によれば「従来機種ではピントを合わせるのに要する時間が約1秒なのに対して、S5においては約0.3秒となった」という。また、高速化に加えて、撮影後の写真のフォーカスを変更できるオムニフォーカス機能も搭載している。

●オンラインショッピングも意識したセキュリティ機能

 また、セキュリティ強化のために指紋認証機能を搭載している。指紋認証機能はアップルのiPhone 5sが先行して搭載しており、今後はスマホに広く搭載されるようになる可能性がある。

 この機能はスマホの電源を入れる際、ロック解除などに使うことが一般的だが、S5ではインターネットショッピングで、オンライン決済サービス「PayPal」によって決済を行う際にも使用できるようになっている。

 PayPalは、サムスンのスマートウォッチGALAXY Gear 2にも対応している。4月に開催された新経済連盟主催のグローバル経済サミット「新経済サミット2014」において、PayPalグローバルプロダクトソリューションズVP(副社長)のキャリー・コラジェイ氏が「あらゆる場所で買い物ができるようにしていきたい」とGear 2にモバイル決済機能を提供した理由を説明しており、PayPalもモバイル決済に意欲的な様子がうかがえる。

 現在、日本メーカーが製造するスマホの決済方法としては、おサイフケータイ機能があるが、これはコンビニなどでの低額決済が主な使われ方だ。しかし、PayPal決済に対応することで、より高額な決済もスマホで済ませられるようになれば、財布やクレジットカード代わりとして、また新しい利用分野を開拓していくことだろう。

 もはや、進化する余地はほとんど残されていないともいわれるスマホだが、S5はカメラ、セキュリティ、オンライン決済などで新機能を追加し、新しい価値を提案している。特に指紋認証によるPayPal対応オンラインショッピングは今までにないものだ。今後のスマホは単純なスペックアップだけではなく、さまざまなサービスとの連携を深めて進化していくことになるのかもしれない。
(文=一条真人/ITライター)

ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング