確実&効率的にお金を貯める方法・積立預金、どの銀行でやるべき?借金しやすくする方法?

Business Journal / 2014年8月28日 14時0分

写真

 三井住友銀行で金沢八景支店長、中野支店長を歴任した後、起業して6棟のアパートとカフェを経営し、3月に『お金が貯まるのは、どっち!?』(アスコム)を上梓した菅井敏之氏が、お金を貯めるコツをわかりやすく説きます。

 8月4日付当サイト記事『お金持ちになれる人/なれない人、どこが違う?確実で効率的にお金が貯まる方法とは?』で、お金持ちになりたければ「給与天引き積立預金」を始めるべきことをお勧めしました。では、どの金融機関で積み立てるべきしょうか?

 最大のポイントは、将来自分がお金を借りる予定の銀行で積み立てることです。常に意識していただきたいことは、銀行はお金を預けたりおろしたりするだけではなく、「お金を借りる場所」だということです。銀行を利用する一番のメリットとは、お金を低い金利で貸してくれることなのです。

 多くの資産家・お金持ちとなった人たちの共通点は、銀行からお金を借りて、それを上手に活用したことです。大ベストセラーとなった『金持ち父さん、貧乏父さん』(筑摩書房)の著者であるロバート・キヨサキ氏の言を借りるまでもなく、ほとんどの実業家・アパート経営者などの資産家は、銀行からお金を借りています。

 では、なぜ借りたい銀行に積み立てるのでしょうか?

 それは、そのほうが将来お金を借りやすいからです。毎月定期的にお金を積み立てた実績は、お金を貸す銀行が融資判断をするに当たって大きなプラスの材料になります。つまり、自動積立預金はお金と一緒に、お金を借りるときに必要な「信用」も積み立てているのです。

 信用のアピールポイントとするべき積立を、お金を貸してもらえそうにない銀行の財形預金や、証券会社の投信積立で行うのはもったいないことです。銀行の立場で見て、どこで貯めたのか借りたのかわからないお金をポンと持ってきて「足りない分のお金を貸してください」という人と、長年自分の銀行で積み立ててきた人のどちらにお金を貸そうと思うでしょうか? そのように考えると、将来お金を借りようと考える銀行に積み立てるべきことは明らかです。

 例えばアパートを購入する場合、購入物件が担保になります。ただし担保価格は、だいたい購入金額の70%程度になります。5000万円の物件であっても3500万円の担保価格にしかなりません。購入物件の3割を自己資金で払える人は問題ありませんが、払えない人には、銀行は信用でお金を貸すことになります。購入者が大企業や公務員であれば、それも信用力でプラスになります。しかし、みんなが大企業に勤めているわけではありません。勤め先以上に、毎月コツコツと積立をしてきた実績は、とても大きな信用となります。お金を借りるために長年積立を継続していれば、ここで大きな効果を発揮するのです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング